« 四文字(10) | トップページ | 四文字(8) »

四文字(9)

Photo
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇ 
<四文字 (9) 目次 >    本コーナーの漢語
401貞桂冬秀     402狐裘熊席     403快雪時晴
404舒芳振條     405霜松常青     406雲寒氷清
407紅線量日     408寛仁厚徳     409保身全己
410氷魚霜鶴     411凋松傷竹     412雪虐風饕
413酒爲書滴     414年豊物阜     415治身清素
416志懐霜雪     417表功明德     418仁明謙恕
419追欲喪軀     420外寛内明     421遺文反質
422厲志守常     423竭誠盡敬     424勝怠勝欲
425履信依仁     426弘裕有餘     427濶達大節
428德譲為政     429端操淸靜     430棲情物外
431詞鋒筆海     432體逸懐遐     433文史縦談
434詩債碁讎     435含秀敷榮     436鶴觴相餽
437千門結艾     438林蘿秘邃     439枕簟嫩涼
440窮探極覽     441圖書獨娯     442火雲方熾
443避暑高樓     444濯熱盥水     445箪移葵破
446焼松啜茗     447心肅容敬     448曬曝書畫
449蒲深柳密     450芬菊凋蕙
--------------------------------------------
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



      四文字  (9)




■401 貞桂冬秀  (ていけいふゆひいづ)
霜にもつよい桂樹は、寒い冬にも栄えています。【王褒・漢魏六朝】
Zm_2





■402 狐裘熊席  (こきゅうゆうせき)
狐の皮から作られた衣類と、熊の毛皮でできた敷物。【新序・春秋-戦国】
Zm





■403 快雪時晴  (かいせつときにはる)
心地よかった大雪があがり、時しも晴れ渡った。【王右軍・漢魏六朝】
Me403





■404 舒芳振條 (ほうをのべじょうをふるう)
秋風が吹いてくると、菊の花は咲きそろい木の枝とともに揺れ動いています。【楚辭・春秋-戦国】
Zm





■405 霜松常青 (そうしょうつねにあおし)
霜がふりかかる松はしぼむことなく、永久に青々としています。【趙自厲・唐】
Zm_2





■406 雲寒氷清 (くもさむくこおりきよし)
冬の季節を表すことば。【方岳・宋】
Zm_3





■407 紅線量日 (こうせんひをはかる)
紅い目印によって日の長さ(季節感)を測量して知ること。【魏書・漢魏六朝】
Zm





■408 寛仁厚徳 (かんじんこうとく)
心寛大にしてあわれみ深く、徳は積み重ねて重厚である。
【漢玉銘・漢魏六朝】
Zm_4





■409 保身全己 (みをたもちおのれをまっとうす)
我が身を大切にして、己の道を全うしなければなりません。【漢書・漢魏六朝】
Me409





■410 氷魚霜鶴 (ひょうぎょそうかく)
真冬の魚。霜の下りた冬の鶴。いずれも叙情的です。【鮑照・漢魏六朝】
Zm

 



■411 凋松傷竹 (まつをそこないたけをいたむ)
松竹いずれも寒冬の厳しさは酷ですが、厳しい季節に耐えうる力を持っています。【謝承・漢魏六朝】
Zm_2





■412 雪虐風饕 (せつぎゃくふうとう)
風雪が厳しいこと。艱難辛苦することの例えに使うことば。【趙汸・唐】
Zm_4







■413
酒爲書滴 (さけはしょのためにしたたす)
酒を硯に注いで墨液として書をしたためる。【十四京雑記・漢魏六朝】
Zm_3





■414 年豊物阜 (としゆたかにものさかんなり)
豊作の年を迎えると、物資も豊富になってきます。【裴秀・漢魏六朝】
Zm_5




■415 治身清素 (みをおさむるせいそ)
身を治めて正しくし、行いを清廉質素にすることを心がける。【申屠嘉・漢魏六朝】
Photo





■416 志懐霜雪 (こころざしそうせつをいだく)
志は高潔であり、あたかも霜雪を持っているかのようだ。【孔融・漢魏六朝】
Zm






■417
表功明德 (こうをあらわしとくをあきらかにす)
当人の手柄を表彰して、善行善事を明らかにする。【嚴光・漢魏六朝】
Zm_2





■418 仁明謙恕 (じんめいけんじょ)
仁は人を愛すること、 明は明るく元気なこと、謙は謙虚に生きること、恕は思いやりの心を表す。【東観記・漢魏六朝】
Zm






■419
追欲喪軀
(よくをおえばみをうしなう)
利欲を得ようと追いかけていると身を滅ぼすことになります。【鄒衍・漢魏六朝】
Zm_2





■420 外寛内明 (そとかんにうちあきらか)
外観は寛容であり、心の内が明るいのが最良です。【黄覇・漢魏六朝】
Zm






■421
遺文反質
(ぶんをわすれしつにはんす)
優雅なること忘れて眼をそむき、質実なることにも背いていてはなりません。【陸機・漢魏六朝】
Zm_2






■422
厲志守常
(こころざしをはげましつねをまもる)
志高く励行して、自然体を守っていること。【陰壽・漢魏六朝】
Me422






■423
竭誠盡敬
(まことをつくしけいをつくす)
誠と敬を尽くしていれば得られるものは大きいのです。【束晢・漢魏六朝】
Zm




■424 勝怠勝欲 (おこたりにかちよくにかつ)
怠惰な気持ちを打ち破り私欲を打ち負かさないと何事も成就できません。【丹書・漢魏六朝】
Zm_2





■425 履信依仁 (しんをふみじんによる)
仁に従って行いをしていれば、自ずと信用が高まってきます。【李尤・漢魏六朝】
Zm





■426 弘裕有餘 (こうゆうあまりあり)
ひろくゆったりとした気持ちで、迫らないでくつろぎがあるのがいい。【袁山松・漢魏六朝】
Zm





■427 濶達大節 (かったつたいせつあり)
小事にこせつかずに心広いならば、優れた行いができます。【陸續・漢魏六朝】
Zm





■428 德譲為政 (とくじょうまつりごとをなす)
善行と謙譲の徳をもって天下の政治を行うこと。【杜襲・漢魏六朝】
Zm





■429 端操淸靜」 (たんそうせいせい)
操を正しくして、清らかで静かなること。【雲英・明】
Zm






■430
棲情物外」 (じょうをぶつがいにすましむ)
心は世事のこせこせした所に置かず、ゆったりとした塵外に置くべきです。【蕭大圜・漢魏
六朝】
Zm_2





■431
詞鋒筆海」 (しほうひつかい)詞の鋒(ほこ)
筆の海。文場において詞賦をたたかわすこと。【駱賓王・唐】
Zm_3





■432 體逸懐遐」 (たいいつかいか)
身体が丈夫であるならば、健全な精神が宿ります。【陸機・漢魏六朝】
Zm




■433
文史縦談」 (ぶんしじゅうだん)
文章や歴史を代わる代わる縦横に論談すること。【文同・宋】
Zm_2






■434
詩債碁讎」 (しさいごしゅう)
詩句の戦いのかりを囲碁の勝敗でかえすこと。【范石湖・宋】
Zm_3





■435
含秀敷榮」 (しゅうをふくみえいをしく)草木が花開き栄える様。盛んな人生のことを指す言葉。【湛方生・漢魏六朝】
Zm_8





■436
鶴觴相餽」 (かくしょうあいおくる)鶴觴の銘柄酒を贈ること。【劉白隋・唐】
Zm_6






■437
千門結艾」 (せんもんがいをむすぶ)五月五日に執り行う故事のこと。【蘇東坡・宋】
Zm_7



■438
林蘿秘邃」 (りんらひすい)林の中に女蘿(さるをがせ)が茂っており、奥深い雰囲気をかもし出している。【徐渭・明】
Zm_4





■439
枕簟嫩涼」 (てんてんのどんりょう)竹席(たかむしろ)の上に寝ている時に、涼しい光が差し込んでくること。【陸放翁・宋】
Zm_5





■440 窮探極覽」 (きゅうたんきょくらん)
徹底して尋ね極めて、奥底までも探求する。【韓退之・唐】
Zm_9






■441
圖書獨娯」 (としょひとりたのしむ)
図画や書物などをひもといて一人で楽しむこと。【眞山民・宋】
Zm_10





■442
火雲方熾」 (かうんまさにさかんなり)火のような夏の空に浮かぶ雲が、勢い盛んに動いている。【西京雑記・漢魏六朝】
Zm_11




■443
避暑高樓」 (しょをこうろうにさく)夏の暑気を高殿によける。高楼に避暑すること。【姚合・唐】
Zm_12







■444
濯熱盥水」 (ねつをあらうにみずにあらう)夏の暑気を打ち払うには、水で洗うのが一番です。【司馬温公・宋】
Zm_13






■445
箪移葵破」 (てんいきは)竹席(たかむしろ)は撤去されて、蒲葵扇は壊れている。夏の末の風情のこと【劉言・宋】
Zm_14





■446 焼松啜茗」 (まつをたきめいをすする)
松葉の落葉を煮焚いて、これを煎じてのむこと。【李山甫・唐】
Zm





■447
心肅容敬」 (こころつつしめばかたちうやうやし)つつしみの心があれば、容貌にも自然に敬意が表れてきます。【礼記・漢魏六朝】
Zm_2





■448
曬曝書畫」 (しょがをさいばくす)書物や書画の軸物などを虫干しすること。【劉彦齋・漢魏六朝】
Zm_3





■449
蒲深柳密」 (ほふかくやなぎみつなり)蒲は伸びて長くなり、柳は密になっている。【乾淳歳時記・宋】
Zm_4






■450
芬菊凋蕙」 (ふんきくちょうけい)
花が開いて香りを放つ菊と、凋んでも香る凋蕙といわれる香草のこと。【~・漢魏六朝】
Zm





     四文字(9) 終了


次の文字種をクリックして、お好みの場所へお入り下さい。

<六文字(1)>


<五文字(1)> <五文字(2)><五文字(3)>
<五文字(4)>   <五文字 (5)> <五文字 (6)>
<五文字(7)>  <五文字(8)> <五文字(9)>
<五文字(10)> <五文字(11)>  <五文字(12)>
<五文字(13)> <五文字(14)> <五文字(15)>
<五文字(16)> <五文字(17)> <五文字(18)>
<五文字(19)>

<四文字(1)>
 <四文字(2)> <四文字(3)>
<四文字(4)>
 <四文字 (5)> <四文字 (6)>
<四文字(7)> <四文字(8)> <四文字(9)>
<四文字(10)> <四文字(11)><四文字(12)>
<四文字(13)>  <四文字(14)> <四文字(15)>
<四文字(16)> <四文字(17)>

<三文字(1)> <三文字(2)><三文字(3)>
<三文字(4)> <三文字(5)> <三文字(6)>
<三文字(7)>
 <三文字(8)> <三文字(9)>
<三文字(10)>


<二文字(1)> <二文字(2)>

 <一文字>

CONTENTS(目次)   漢語・字句一覧

   <お問合せ・ご要望>
------------------------------------------

« 四文字(10) | トップページ | 四文字(8) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/132709/36840003

この記事へのトラックバック一覧です: 四文字(9):

« 四文字(10) | トップページ | 四文字(8) »