« 四文字 ( 3 ) | トップページ | 四文字 ( 1 ) »

四文字 ( 2 )

Photo_6
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
   <四文字 (2) 目次 >    本コーナーの漢語
51 弄巧成拙       52 裂古破今        53 死中得活
54 形直影端 55 専心一意        56 是精知精
57
詠花吟月       58 金声玉振        59 渾然和気
60 山紫水明
       61 精進無涯        62 無依道人
63 照顧脚下
       64 迅雷霹靂        65 春風致和
66 覆水如地
       67 臥月眠雲        68 心外無法
69
青山緑水       70 龍翔鳳舞        71 初志不奪
72
獨歩青天       73 清風明月        74 十方坐断
75
絶点澄清       76 寿山福海        77 春和景明
78 慶雲之瑞
       79 坐花酔月        80 四海承風
81
明鏡止水       82 和風慶雲        83 秋天一碧
84
至誠如神       85 水到渠成        86 光風動春
87
山高水長       88 萬里寒光        89 温故知新
90 春蘭秋菊
       91 晴雲秋月        92 逢飯喫飯
93 一期一会       94 以心伝心        95 一石二鳥
96
身心脱落       97 伏龍鳳雛 98 上善若水
99 隠密田地
     100 斬釘裁鐵
 

--------------------------------------------・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・   


         四文字  (2)




■51
弄巧成拙 」=こうをろうしてせつとなる
巧みが過ぎると、却ってまずくなる。(うますぎることの功罪)1_2















■52
裂古破今 」=いにしえをさき、いまをやぶる
古今を裂破して、時間を超越する。2_2












■53
死中求活 」=しちゅうにかつをもとむ
現世の生死の坩堝の中に身を置き、生きる活路となる真の自己のあり方を掴む。大死一番して復活するという意。  【後漢書】Tn_4











■54
形直影端=かたちなおければかげただし
物の形がまっすぐ端正ならば、その影も正しくまっすぐである。【伝燈録・唐】
Zm_2


忍者Ad==


■55 専心一意=せんしんいちい
心を一つのことに集中して他に向けない。一意専心。 【管子】
Zm_12







■56 是精知精 」=これせい、せいをしる。
その道の専門でないと本当のことはわからない。(蛇の道は蛇)6_2















■57
詠花吟月 」=はなにえいじ つきにぎんず
花を見たり月を眺めて詩歌を吟ずる、花鳥風月にひたり自由に歓び楽しむこの上ない世界であり、大悟に到達した修行者の執着のない無碍自在な万物との交わる境地でもある。このような生活はさぞ素晴らしいだろう。7_2
























■58
金声玉振 」=きんせいぎょくしん
知と徳が充分に備わること。(古代中国では、楽器演奏ではまず鐘を鳴らし、終わりに玉で作った楽器を打って余韻を収めるのが常であった)    【孟子】8_2




















■59
渾然和気 」=こんぜんたるわき
円満な雰囲気で満たされている様。  【菜根譚】10_2












■60
山紫水明=さんしすいめい
美しい自然の風景。【~】
Zm_9










■61
精進無涯=しょうじんはてなし
修行に励む精神は永遠に続く。【~】
Zm_9





■62
無依道人=むえのどうにん
何ものにも依存しない自主独立の道人をいう。大悟徹底の人物。【臨済録・宋】
Zm_3





■63
照顧脚下=きゃっかをしょうこせよ
足元をよく見なさいという意味。禅寺によく掲げられている言葉。同意語に「看脚下」がある。 【拈八方珠玉集・宋】

Zm_3






■64 迅雷霹靂=じんらいへきれき
電光雷鳴のごとく凄まじいこと。【~】
Zm_15









■65 春風致和 」=しゅんぷうちわ
春風に乗って、和やかな空気が満ちてくること。(人々の心が温和で、世の中が穏やかで平和なようす)         【鍾惺】18_2














■66
覆水如地=みずをふむことちのごとし
危険に臨んでも恐れず、心も微動だにせず乱れない。【~】
Zm_8









■67 臥月眠雲 」=つきにふし、くもにねむる
行雲流水の行脚をする修業僧「雲水」の境界。【虚堂録『興聖寺語録』】14_2












■68 
心外無法=しんげむほう
心こそが仏法そのものであり、心以外には法がない。人間本来の心が全ての法の基本なのである。 【従容録・宋】
Zm_12











■69
青山緑水 」=せいざんりょくすい
青くおおわれた山、満面と自然。15_2













■70
龍翔鳳舞 」=りゅうしょうほうぶ
龍は飛び、鳳凰は舞う。20_2













■71
初志不奪 」=しょしうばわれず
物事の初めの勢いや新鮮な心を貫けとの戒め。21_2












■72
獨歩青天 」=どくほせいてん
独立独歩ひとりの世界(一人何物にも束縛されずに自主の世界を歩むこと)【碧巌録】23_2














■73
清風明月=せいふうめいげつ
胸中に一点の曇りや煩悩もない清々しい境地。【碧巌録・宋】
Zm_2










■74 十方坐断=じっぽうざだん
この世に居ながらにして煩悩を断つこと。【~】
Zm_2








■75 絶点澄清 」=ぜってんちょうせい
一点の曇りや汚れもなく、澄み切って清らかなこと。25_2













■76
寿山福海=じゅざんふくかい
寿命は山のように悠久で、幸福は海のように広大。長寿と末永い幸せを祝う語。【~・明】
Re02






■77 春和景明 」=しゅんわけいめい
穏やかで日差しが明るい春の陽気。のどかな春の情景。      【范仲淹「岳陽樓記」】27_2














■78
慶雲之瑞=けいうんのずい
めでたい雲の瑞兆。泰平の世の前ぶれ。 【楽府・漢魏六朝】 
Me78









■79 坐花酔月 」=
花のそばに坐り、月をながめて酒をたのしむ。29_2













■80
四海承風 」=しかいじょうふう / ふうをうく
世界中(四方の海)が善政に導かれること。舜の治世(伝説の君主・聖天子)のような天下太平を祈る言葉。  【孔子家語】30_2













■81
明鏡止水 」=めいきょうしすい
くもりのない鏡、澄んだ水。心境が澄み切っているさま。     【荘子】31_2



























■82
和風慶雲 」=わふうけいうん
和やかに吹く風、吉兆のめでたい雲。温和で立派な人柄。      【近思録】32_2














■83
秋天一碧 」=しゅうてんいっぺき
すがすがしい秋の情景(青一色の澄み切った秋の空)33_2





























■84
至誠如神 」=しせいはしんのごとし
誠を尽くす心は、神の如き力をもつ。  【中庸】34_2















■85
水到渠成 」=みずいたりてきょなる
水が流れて来れば自然にみぞができる。(源泉がなくては水も流れてきません) もとは中国の古詩「学問の根深うして方に道固し。功名の水到って自ら渠成る」(学を積めば自然に道が修まり、水が流れて来るとひとりでに溝ができる)より。力量のある師のもとには、自然に学徒が集まるの意にも使われる。  【伝燈録】35_2
















■86
光風動春 」=こうふう、はるをうごかす
陽光を浴びた風が春を運んでくる。広い心が幸福を運んでくる。  【温日升】
Re486










■87
山高水長 」=やまたかくみずながし
よき風景のこと。人品が高く清らかである。  【巌先生祠堂記】37_2



























■88
萬里寒光 」=ばんりのかんこう
寒い冬のこと。みわたす限りの寒光。  【祖詠】40_2




























■89
温故知新 」=おんこちしん
古きをたずねて、新しきを知る。学問のしかた。  【論語】41_2
















■90
春蘭秋菊=しゅんらんしゅうぎく
どちらも優劣つけがたく美しい。美人の形容。 【從容録・宋】
Zm






■91
晴雲秋月 」=せいうんしゅうげつ
心境が澄んでいて美しい人格者であればいい。     【宋史】
Me91







■ 92
逢飯喫飯 」=ほうはんきっぱん
ごはんのときはご飯を無心に食べましょう。選り好みせずに感謝して食べることです。当たり前のことをするのが大切なのです。     【開山・瑩山】42_2















■93
一期一会 」=いちごいちえ
一生に一度きりの顔合わせ、二度とない貴重な出会いのこと。山上宗二記にある「常の茶湯なりとも、露地へ入り出るまで、一期に一度の会のやうに亭主を敬ふべし」が語源である。井伊直弼の「茶湯一会集」にも「茶の交会は一期一会のようなもの・・・・・一世一度なり」がある。  【山上宗二記・安土桃山】44_2 
















■94
以心伝心 」=いしんでんしん
真実を伝えるのに文字や言葉は使わないで、体験などを通して心から心へ伝えるという禅の教え。言葉にならない心を察知するには、周囲をしっかり見つめて知ることが大切です。釈迦が花を拈じたのを見て摩訶迦葉が微笑して受け取った故事は典型的な例といえる。【禅源諸詮集都序・唐】46_2 


























■95
一石二鳥 」=いっせきにちょう
一つの石を投げて二羽の鳥を殺す。(一つの行為から同時に二つの利益を得る)43_2

















■96
身心脱落 」=しんじんだつらく
心を覆う妄想や煩悩がとれて、清々しい気持になること。 この語は道元が宋の天童山の如浄(にょじょう)との問答にあり。すべての束縛から離脱し、少しも沈滞することなく身心ともにせいせいした、すかっとした境地になること。参禅の心でもある。       【道元「正法眼蔵」】45_2

























■97
伏龍鳳雛=ふくりゅうほうすう
今だ世に現れていない英傑、および将来有望な若者。【三國志・漢魏六朝】  

Zm_2








■98
上善若水=じょうぜんはみずのごとし
もっともよい善は水の如く淡々と自然である。  【老子】 

Zm_6






■99
隠密田地=おんみつのでんち
静かな田地のように、穏やかで密な空気の如く、無垢な気持でありたいですね。【碧巌録・宋】

Zm_7









■ 100
斬釘裁鐵=ざんていせつてつ
煩悩を断ち切るには、釘や鉄を斬るように強い意志が必要です。【碧巌録・宋】
Zm_4









      
四文字  (2) 終了


次の文字種をクリックして、お好みの場所へお入り下さい。

<六文字(1)>


<五文字(1)>
 <五文字(2)><五文字(3)>
<五文字(4)>   <五文字 (5)> <五文字 (6)>
<五文字(7)>  <五文字(8)> <五文字(9)>
<五文字(10)> <五文字(11)>  <五文字(12)>
<五文字(13)> <五文字(14)> <五文字(15)>
<五文字(16)> <五文字(17)> <五文字(18)>
<五文字(19)>

<四文字(1)>
 <四文字(2)> <四文字(3)>
<四文字(4)>
 <四文字 (5)> <四文字 (6)>
<四文字(7)>
 <四文字(8)> <四文字(9)>
<四文字(10)>
 <四文字(11)><四文字(12)>
<四文字(13)>
  <四文字(14)> <四文字(15)>
<四文字(16)>
 <四文字(17)>

<三文字(1)>
 <三文字(2)><三文字(3)>
<三文字(4)>
 <三文字(5)> <三文字(6)>
<三文字(7)>
 <三文字(8)> <三文字(9)>
<三文字(10)>


<二文字(1)>
 <二文字(2)>

 <一文字>

CONTENTS(目次)
  漢語・字句一覧

  <お問合せ・ご要望>
------------------------------------------



V3020V4620
 

« 四文字 ( 3 ) | トップページ | 四文字 ( 1 ) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/132709/47863702

この記事へのトラックバック一覧です: 四文字 ( 2 ):

« 四文字 ( 3 ) | トップページ | 四文字 ( 1 ) »