« 五文字 (18) | トップページ | 五文字 (16) »

五文字 (17)

517titol
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

    
 <五文字 (17)
目次> 本コーナーの漢語

801鉄槌舞春風     802勅下六国清     803泥牛啣月走
804鉄牛生石卵     805鉄鈷舞三台     806灯籠上作舞
807天高群象正     808天得一以清     809添泉月入瓶
810天晴日頭出     811殿閣生微涼     812冬瓜直儱侗
813都盧一団鉄     814殿閣自生涼     815桃李火中開
816桃花笑春風     817独坐幽篁裏     818独坐鎮寰宇
819桃李一蹊春     820動容揚古路     821入不二法門
822日出乾坤輝     823髑髏裏眼晴     824日高花影重
825年年是好年     826破衲逐雲飛     827日新又日新
828梅花和雪香     829白雲起峰頂     830白雲自白雲
831白圭尚可磨     832白鷺沙汀立     833入水見長人
834買石得雲饒     835八風吹不動     836万戸尽逢春
837八面起清風     838莫使惹塵埃     839白雲篭古寺
840万径人蹤滅     841伴帰無月村     842飛鳥相与還
843万戸擣衣声     844眉毛横眼上     845百川日夜逝
846百花為誰開     847不作一喝用     848不住青霄裡
849瓶裏一枝梅     850福寿海無量


◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
-----------------------------------


五文字(17)




■801鉄槌舞春風」(てっついしゅんぷうにまう)
重い鉄の槌が春風に乗って軽やかに舞い飛んでいる。いかなる常識にもとらわれない融通無碍・自由自在の力を表現する語句。分別執着を絶して「無」一枚に徹して現れる広大無辺なはたらき。【~・】
M801







■802勅下六国清」(ちょくくだりてりっこくきよし)
皇帝の勅が下って、六つの国が完全に治まること。秦の始皇帝が韓・魏・趙・燕・斉・楚の六国を併合した故事に基ずく。転じて、優れた師の力により身心の乱れが収まること。「六」を眼・鼻・耳・舌・身・意の六識と解釈するのもある。【~・】
M802






■803泥牛啣月走」(でいぎゅうつきをふくみてはしる)
原文は「海底泥牛~」であり、泥で作った牛が海底で月をくわえて走っている様。無に徹して分別や執着を超越したところから生まれる自由自在のはたらきをさす。【五燈会元続略・清】
M803






■804鉄牛生石卵」(てつぎゅうせきらんをうむ)
鉄の牛が石の卵を生むことであり、無に徹しきって分別執着を超越したところから生まれる自由自在のはたらきをいう。「鉄牛」は意識や感情のないものであり、無一物の境地の象徴である。【禅林類聚・元】

M804





■805鉄鈷舞三台」(てつこさんだいをまう)
鉄鈷が三台の曲に合わせて舞い踊ること。「鉄鈷」はあらゆるものを打ち砕くといわれるインドの古代武器。「三台」は飲酒を促す詞曲の名。あらゆる分別や常識を離れた自在の働きである。【~・】

M805





■806灯籠上作舞」(とうろうじょうにまいをなす)
灯籠の上で舞っている。続いて「露柱裏蔵身」(柱の中に身を隠す)となる。分別常識を超えた境地から生まれる自由自在のふるまいをいう。「騎仏殿出山門」など同趣旨の表現語句は多数あげられる。【五燈会元・宋】

M806





■807天高群象正」(てんたかくしてぐんしょうただし)
天は高く広大であり、その下で森羅万象は秩序正しく運行している。続いて「海濶百川朝」(海はどこまでも広く、すべての川が流れ込んでいる)となる。何のはからいもなく静かに整然とはたらく大いなる力の素晴しさである。【五燈会元・宋】

M807





■808天得一以清」(てんはいちをえてもってきよし)
天は「一」を得たからこそ清らかである。続いて「地得一以寧」(地は「一」を得たからこそ安定している)。「一」は宇宙の大生命、森羅万象の根本原理であり、「道」と同義である。【老子・】

M808





■809添泉月入瓶」(いずみをそうればつきかめにいる)
泉の水を汲めば月が瓶の中に入ってくる。前句に「坐石雲生衲」(石の上で坐禅を組めば着ている衣から雲が湧き起こる)がつく。無我になりきることで対象と一体になる自他不二の境地を象徴している。【圓機活法・明】

M809





■810天晴日頭出」(てんはれてにっとういづ)
天気がよければ太陽が見える。後句に「雨下地上潤」(雨が降れば地面が濡れます)と続く。何の作為もない明らかで自然な行いであり、分別妄想が微塵も無い無執着の有様をいう。【無門関・宋】
M810





■811殿閣生微涼」(でんかくびりょうをしょうず)
宮殿一杯に快適な涼しさである。前句に「薫風自南来」(初夏の爽やかな南風が吹いてきた)がつく。火照った体を風が撫でて心地よい爽快感をもたらしている様であり、転じて悟りを得た後の快い心境が全身を満たしている様子を表す。【~・】
M811






■812冬瓜直儱侗」(とうがはなおくしてろうとう)
冬瓜は真直ぐだけれど未成熟である。「儱侗」は不安定な様をいう。前句に「瓠子曲彎彎」(瓢箪はぐにゃぐにゃと弓なりに曲がっている)がつく。全てのものが相違点を持ちながら、優劣を競うことなく個性を主張している様子。【普灯録・宋】
M812






■813都盧一団鉄」(とろいちだんのてつ)
天地いっぱいの一塊の鉄。全身、煩悩妄想がひとかけらもない絶対無の境地の例えである。「都盧」は全て、一切の意である。「鉄」は思慮分別を受け入れない堅固で不動なものとして、無の境地、悟りの心の例えによく用いられる。【~・】
M813






■814殿閣自生涼」(でんかくおのずからりょうをしょうず)
(目覚めると)建物の中は爽やかな涼しさに覆われていた。前句に「睡美不知山雨過」(ぐっすり眠っていて、山に一雨来たのを知らなかった)がつく。深い禅定から出た後のこの上ない爽やかさを例えた語句である。【槐安国語・唐】
M814






■815桃李火中開」(とうりかちゅうにひらく)
桃李が火の中で花を開くこと。後句に「黄昏後日出」(夕暮れの後で太陽が現れる)がつく。常識や分別を除き去り、いかなる束縛も受けない境地から表される自由自在のはたらきをいう。【禅林宝僧伝・清】
M815






■816桃花笑春風」(とうかしゅんぷうにえむ)
桃の花は(昔のまま)春風に吹かれて微笑んでいる。思い出の女性との再会を果たせなかった春の日の情景を詠んだ詩「人面不知意何処去 桃花依旧笑春風」(探していた人はどこに行ってしまったかわからない~~)の一節である。【槐安国語・唐】
M816






■817独坐幽篁裏」(ひとりざすゆうこうのうち)
深い竹やぶの中に一人坐っている。後句に「弾琴復長嘯」(琴を弾じ、声長く歌う)と続く王維の詩の一節。山中閑居の静かな心境、悠々自適の生活描写である。【唐詩選・唐】
M817






■818独坐鎮寰宇」(どくざしてかんうをしずむ)
ただ一人安座して世界を統治すること。世界全体、森羅万象を意のままに統制しながら、一人堂々と坐禅をすること。妄想や執着を滅しつくしたところに現れる、唯一絶対の尊い存在のあり方をいう。釈尊の「天上天下唯我独尊」と同趣旨。【人天眼目・宋】
M818ka






■819桃李一蹊春」(とうりいっけいのはる)
春になると、桃と李の木の美しい花や果実に見せられて多くの人が集まって来て、一本の道が出来る。史記に見える「桃李不言下自成蹊」から連想された語句である。【史記より・】
M819






■820動容揚古路」(どうようにころをあぐ)
行住坐臥すべてを古の仏祖が悟った最高の道に同化させること。後句に「不堕悄然機」(静かな無一物の境地に自らを落ち着かせることはない)がつく。日常生活すべての中に悟りの境地を見出した時の喜びが示される。【五燈会元・宋】
M820






■821入不二法門」(ふにのほうもんにはいる)
全ての対立を超越した世界に入ること。人間は身の回りのものすべてを、自他、善悪、苦楽、老若、美醜などに区別して、その一方に執着して苦しんでいるが、それらの対立を離れたところに真実の世界があるとする教えである。【維摩経・】
M821






■822日出乾坤輝」(ひいでてけんこんかがやく)
昇ってきた朝日を浴びて万物が輝いている。太陽の光を受けて全てのものが新たな生命を与えられて、光り輝いている様。迷妄の雲が晴れて心の中の尊い仏性のはたらきが輝きだし、周りが鮮やかな光を放って見えるようになった喜びが託される。【古尊宿語録・明】
M822






■823髑髏裏眼晴」(どくろりのがんせい)
生命を持たない髑髏の目玉が睨みつける様。生命感のないところから生まれる力。全ての妄想・執着を捨てきった絶対無の境地から生まれる新たな命。枯木が風に吹かれて立てる竜の唸り声を表す「枯木裏竜吟」とよく並べて用いられる。【碧巌録・宋】
M823






■824日高花影重」(ひたかくしてかえいかさなる)
高く上った太陽に照らされた花の影が重なっている。前句に「風暖鳥声砕」(暖かい春風に乗ってにぎやかな鳥の声が聞こえる)がつく、杜筍鶴詩の一節。万物が自らの姿をあるがままに表している春爛漫の情景である。【三体詩・唐】
M824






■825年年是好年」(ねんねんこれこうねん)
楽しく過せた年、辛い思い出のある年、それぞれを心にとどめないで、一年一年を新たな気持ちで迎え精一杯過せば、毎年充実した日々を送ることが出来るものです。「日々是好日」と並列使用される。【虚堂録・宋】
M825






■826破衲逐雲飛」(はのうくもをおいてとぶ)
破れ衣を着て雲が流れるように諸方に赴くこと。後句に「草鞋随路転」(草鞋を履いて路に従って歩きまわる)がつく。雲のように水の如く、足の向くままに各地を行脚する修行僧の姿。妄想・執着を捨てて無心に修行する様でもある。【槐安国語・唐】
M826






■827日新又日新」(ひにあらたにまたひにあらたなり)
日一日と自らを新たにすること。毎日新たな気持ちで行動し修養するように心掛け、日々進歩して成長することの大切さを表している。殷の湯王が洗面に用いていた器に刻まれていた銘文の語句である。【大学・】
M827






■828梅花和雪香」(ばいかゆきにわしてかぐわし)
白雪が残っている庭に梅の白い花が咲いて調和する中に、梅花の淡い香りが漂っている。去り行く冬と春の訪れを象徴する残雪と梅の見事な調和を表現する句である。異なるもの同士が夫々を生かしあっている素晴しい世界である。【~・】
M828






■829白雲起峰頂」(はくうんほうちょうにおこる)
山の頂に雲が湧き起ってくるのが見える。前句に「庵中閑打坐」(庵の中で一人静かに坐禅をしていると~)がつく。湧き上がる雲を静かな心でいつまでも眺めている情景である。悠々自適の境涯。【人天眼目・宋】
M829






■830白雲自白雲」(はくうんおのずからはくうん)
白雲は白雲以外の何物でもない。前句に「青山自青山」(青山は青山以外の何物でもない)がつく。夫々そのままの姿で美しく、何の欠けるところもない。あるがままの存在が堂々と映し出されていることの素晴しさをいう。【景徳伝灯録・北宋】
M830






■831白圭尚可磨」(はくけいなおみがくべし)
白圭は傷ついても磨けば元の輝きを取り戻す。それに対して、言葉の過失がもたらした傷は取り返しがつかない。尊い菩提心を修行によって更に磨きなさいとの教訓の言葉でもある。【詩経・】
M831






■832白鷺沙汀立」(はくろさていにたつ)
白鷺が砂浜に立っている。後句に「芦花相対開」(芦の白い花が向かい合って咲いている)と続く。白鷺と芦花、同じ白色であるが明らかな区別がある。同中の異、異中の同を示す語句。「白馬入芦花」「銀盌盛雪」などと同趣旨。【続古尊宿語録要・明】
M832






■833入水見長人」(みずにいりてちょうじんをみる)
水の中に入ると背の高いものがはっきりとわかること。転じて、日常の中ではわからなくとも、特別な状況に臨んでみると人物の力量が明らかになること。修行を積んでいれば普段は平凡な人に見えても、いざという時にはその真価が表れるものである。【虚堂録・宋】
M833






■834買石得雲饒」(いしをかいてはくものゆたかなるをう)
石を買えば豊かな雲の景色も手に入れることができる。前句に「移花兼蝶到」(花を移植すれば、そこに蝶もやって来る)がつく。自他の対立を離れて、あらゆるものと渾然一体となった境地を象徴している。【虚堂録・宋・】
M834






■835八風吹不動」(はっぷうふけどもどうぜず)
「八風」とは、誹謗・称賛・好意・敵意などの心を動揺させる様々なはたらきを8種類の風に例えたものであり、それらが激しく吹き荒れても私たちの中にある尊い仏性は全く動かされないことを表している。【最上乗論・//寒山詩・唐】
M835






■836万戸尽逢春」(ばんこことごとくはるにあう)
家という家すべてに春がやってきます。前句に「千江同一月」(数え切れないほどの水の流れ全ての水面に月はその影を宿しています)がつく。大自然の恵み、仏の慈悲はあらゆるものに等しく及んでいます。【五燈会元・宋】
M836






■837八面起清風」(はちめんせいふうをおこす)
あらゆる方向から清らかな風が吹いてくる。前句に「両頭共坐断」(様々な苦悩をすっかり断ち切って自由を得れば~)がつく。煩悩・執着を断ち切った後の爽やかな境地の象徴である。【五燈会元続略・清】
M837






■838莫使惹塵埃」(じんあいをひかしむることなかれ)
塵をつけないように気をつけなさい。前句に「心如明鏡台 時時勤払拭」(心は澄み切った鏡なのだから常に磨くように心掛けなさい)がつく。清らかな仏性を汚さないように強調する語句である。【六祖壇経・唐】
M838






■839白雲篭古寺」(はくうんこじをこむ)
<数片白雲篭古寺>数片の白雲が山の中腹にある古寺を包んでいる。後句に「一条緑水繞青山」(緑樹を映し出す流れが一筋、青山を巡っている)と続く。清らかな心境で眺める鮮やかな光景である。【普灯録・宋】
M839






■840万径人蹤滅」(ばんけいじんしょうめっす)
道という道から人の歩いた足跡もすべて消えてしまった。前句に「千山鳥飛絶」(見渡す限りの山々から鳥の飛ぶ姿が消え去ってしまった)がつく。物音一つしない静寂きはまる世界であり、この上なく研ぎ澄まされた三昧の境地である。【柳宗元詩・唐】
M840






■841伴帰無月村」(ともないてはむげつのむらにかえる)
月明かりのない真っ暗な村に帰れるのもその杖のお陰なのです。前句に「扶過断橋水」(橋の壊れた川を渡れるのもその杖のお陰である)がつく。どんな困難な状況でも、体を支える杖のように確固とした自己を確立していれば心配は要らない。【無門関・宋】
M841






■842飛鳥相与還」(ひちょうあいともにかえる)
山を目指して鳥たちが連れ立って帰っています。前句に「山気日夕佳」(山は夕陽を浴びて素晴しい光景を見せている)がつく、陶淵明の「飲酒二十首」に含まれる詩の一節である。雄大な自然のあり方に託された悠々自適の心境である。【陶淵明詩・漢魏六朝】
M842






■843万戸擣衣声」(ばんこころもをうつこえ)
町のあちこちから砧で衣を打つ音が聞こえてくる。前句に「長安一片月」(長安の空に浮かぶ月一つ)がつく。静寂の中に響き渡る砧の音で、更に深まる秋の夜の静けさを詠う李白の詩「子夜呉歌」の一節である。煩悩妄想を滅し尽くした清らかな境地をさいている。【唐詩選・唐】
M843






■844眉毛横眼上」(びもうげんじょうによこたう)
眉毛は眼の上にある。当たり前のことこそ真実の姿なのです。また、眉毛は眼の近くにあり過ぎて見えないことから、誰もが等しく持っている仏性も近過ぎて気付いていないことの例えに用いられる。【東山外集・宋】

M844





■845百川日夜逝」(ひゃくせんにちやにゆく)
すべての川が昼も夜も休むことなく流れ続けている。後句に「物我相随去」(万物も私も川と同じように流れ去ってとどまることがない)と続く「諸行無常」の道理を表している。弟子由に送った蘇東坡の詩の一節である。【蘇東坡詩集・宋・】
M845






■846百花為誰開」(ひゃっかたがためにかひらく)
元の句は「百花春至為誰開」であり、春になって色とりどりの花が無数に咲くのは一体誰のためなのであろうかの意。何物にもとらわれず、無心に自らの本来のあり方を守って、忠実に淡々と務めを果たす自然の万物の尊さをいう。【碧巌録・宋】
M846






■847不作一喝用」(いっかつのゆうをなさず)
喝のはたらきをしない喝。臨済義玄が唱えた「臨済四喝」の一つであり最高の喝とされる。金剛王の宝剣の如き喝、金毛の獅子の如き喝、漁夫の探り棒の如き喝の三つのはたらきを総括したものである。【臨済録・宋】
M847






■848不住青霄裡」(せいしょうりにとどまらず)
澄み切って広々とした青空のような悟りの境地に安住せずに、弛まざる精進を続けること。「青霄」は雲一つない晴れ渡り澄んだ青空のこと。難関を越えて悟りに達しても、そこに留まらないで更に努力を続けることを教えている。【臨済録・宋】
M848






■849瓶裏一枝梅」(へいりいっしのうめ)
花瓶には一枝の梅が挿されている。前句に「牀頭三尺剣」(刀掛けには三尺の剣が置かれている)がつく。堂々とした刀とそれに寄り添い並ぶ可憐な梅の対比である。全てのものが夫々のあり方で安住して均衡を保っている様の描写である。【~・】
M849






■850福寿海無量」(ふくじゅかいむりょう)
幸福と長寿が海の如く限りないことを祈り称える表現である。正月や長寿を祝う場合等のお目出度い席で用いられる。観世音菩薩の持つ広大無辺の慈悲の力を表す「福聚海無量」をもじった語句である。【観音経・】
M850






         五文字(17) 終了






次の文字種をクリックして、お好みの場所へお入り下さい。

<六文字(1)>


<五文字(1)>
 <五文字(2)><五文字(3)>
<五文字(4)>   <五文字 (5)> <五文字 (6)>
<五文字(7)>  <五文字(8)> <五文字(9)>
<五文字(10)> <五文字(11)>  <五文字(12)>
<五文字(13)> <五文字(14)> <五文字(15)>
<五文字(16)> <五文字(17)> <五文字(18)>
<五文字(19)>

<四文字(1)>
 <四文字(2)> <四文字(3)>
<四文字(4)>
 <四文字 (5)> <四文字 (6)>
<四文字(7)>
 <四文字(8)> <四文字(9)>
<四文字(10)>
 <四文字(11)><四文字(12)>
<四文字(13)>
  <四文字(14)> <四文字(15)>
<四文字(16)>
 <四文字(17)>


<三文字(1)>
 <三文字(2)><三文字(3)>
<三文字(4)>
 <三文字(5)> <三文字(6)>
<三文字(7)>
 <三文字(8)> <三文字(9)>
<三文字(10)>


<二文字(1)>
 <二文字(2)>

 <一文字>

CONTENTS(目次)
  漢語・字句一覧

  <お問合せ・ご要望>
------------------------------------------



« 五文字 (18) | トップページ | 五文字 (16) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/132709/46708457

この記事へのトラックバック一覧です: 五文字 (17) :

« 五文字 (18) | トップページ | 五文字 (16) »