« 三文字 ( 5 ) | トップページ | 三文字 ( 3 ) »

三文字 ( 4 )

Za
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇


 
 <三文字 (4) 目次> 本コーナーの漢語

151光明蔵 152頂門眼 153花見羞 154清且倹 155桐吟雨
156鉄橛子 157虚室静 158道在邇 159閒爲福 160仁而威
161萬世福 162雪先花 163陽和近 164揚明輝 165身欲寧
166恬無欲 167約以達 168和且柔 169塞翁馬 170心不競
171力於始
172人盡楽 173晝陰静 174守以靜 175爽且明
176石為身 177養生主 178將無同 179
莫須有 180無罪歳
181雨木冰 182遠山眉 183水竹居 184草如走 185醉如愚
186醉似泥 187爐灸硯 188寒鳥喧 189入無間 190吾喪我
191淡若水 192展驥足 193忘憂物 194壺中天 195春在堂
196争腐鼠 197介干石 198味無味 199煙霞癖 200曲肱樂

-------------------------------------------

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


      三文字(4)



■151光明蔵=こうみょうのくら
無明を破り真如の光を輝かせる知恵。光明を蔵するところである。
如来の身であり、自己の本心でもある。
Zam_6
















■152
頂門眼
=こうもんがん
左右の俗眼のほかにある頭頂の活眼。
Zam_4
























■153
花見羞
=かげんしゅう
昔の美人の異名。花も恥じらう美人。【五代史】
Zam_5



























■154
清且倹
=せい かつけんなり
為政者は清廉、且つ倹約でなければならない。【鄭谷】
Zam_4















■155
桐吟雨
=きり あめにぎんず
桐の葉に雨が降り注ぐ様子。【秦韜玉】
Zam_4




























■156
鉄橛子
=てつけっし
鉄のくさびのこと。確固不動のこと。古人の公案が嘴をいれる余地がないほど固い意志。子は助字。【碧厳録】
Zam_2
























■157
虚室静
=きょしつしずかなり
誰もいない部屋がひっそり静まり返っている。【劉禹錫】
Zam_6

















■158
道在邇
=みちは ちかきにあり
深遠な道も実は手近なところ、或は自己のなかに存在します。真実は我々の近くにあります。孟子の「道は近きにあれども、これを遠きに求む」より。「道在目前」「看脚下」なども同義。【孟子・】
Zam_3

























■159
閒爲福
=かんふくとなす
静かな時が至福なのです。【張鎡】
Zam_3
















■160
仁而威
=じんにして いあり
仁愛の心にあふれて、かつ威厳がある。【史記】
Zam_2
























■161
萬世福
=ばんせいのふく
いつの世までもつきない幸福【鬻子】
Zam_4
















■162
雪先花
=ゆき はなにさきんず
春の花に先立ち、雪が花のように降っている。【江總・漢魏六朝】
Zm_2








■163陽和近=ようわちかし
あたたかい気候が迫ってきている。【張宛丘】
Zam_3















■164
揚明輝
=めいきをあぐ
明るい光を放つこと。清秋のこと。【顧愷之】
Zam_4

























■165
身欲寧
=みはやすからんとほっす
心安らかで、身が健康であること。【蔡邕】
Zam_6
























■166
恬無欲
=てんとしてよくなし
心が静かで欲がない。【張君祖】
Zam_5














■167
約以達
=やくもってたっす
つつましやかにして、事を全うする。【房玄齢】

Zam_4






















■168
和且柔=わかつじゅう
柔和であること。【元稹】

Zam_3














■169
塞翁馬=さいおうがうま
人間の幸不幸は予測できないのだから、禍も幸いも一喜一憂するものでもない。【淮南子】
Zam_3





















■170
心不競=こころきそわず
悠々自適の生活で、ほかのことに心を煩わされない。【杜甫】
Me170






■171
力於始=はじめをつとむ
物事は最初にほねをおるものである。【朱子】

Zam_4
























■172
人盡楽
=ひとことごとくたのしむ
だれもかれも皆楽しむ。【王珪】
Zm

















■173
晝陰静
=ちゅういんしずかなり
真昼がとても静かである。【韋應物】

Zm_3






















■174
守以靜
=まもるにせいをもってす
心を静かに保つこと。【韓退之・唐】 
Zm_14









■175爽且明=そうかつあきらか
さわやかで明るい。秋の気候のこと。【謝荘】

Zm_2

















■176
石為身
=いしをみとなす
志を堅固に持つこと。【晏子】

Me176






■177
養生主
=ようじょうしゅ
不老長生の人。【荘子】

Zm















■178
將無同
=しょうむどう
まさに同じなる無からんや。そもそも違いなぞありません。名教を貴ぶ聖人と自然を貴ぶ老荘の差異にたいする答え。【西晋の故事】

Zm






















■179
莫須有
=ばくすゆう
有るべきことなからんや。無いとは限らない、有るかも知れない。半信半疑のこと。疑わしい場合、これを有罪とする。【宋史】
Zm














■180
無罪歳
=としをばっするなし
天候等の歳時のせいにしないで、施政に万全を期すること。【孟子】
Zm




















■181
雨木冰
=あめふりてきこおる
雨が降って樹木が凍りつく。冬の形容。【春秋】
Za

















■182
遠山眉
=えんざんのまゆ
美人の眉の形容。遠山黛ともいう。【杜牧】
Zm























■183
水竹居
=すいちくきょ
清流と竹林のある住まい(書室の名称)。竹林七賢、竹渓六逸の如く隠士・文人・墨客は竹林を酷愛し、蘇東坡も「居に竹なかるべからず、竹なければ人をして俗ならしむ」と言った。【~】
Zm


















■184
草如走
=そうははしるがごとし
草書の筆勢の形容。真(楷書)は立てるが如く、行は行くが如く、草は走るが如し。【東坡志林】
Zm






















■185
醉如愚
=ようてぐなるがごとし
何もかも忘れはてて、酒に酔う。【杜甫】
Zm_2


















■186
醉似泥
=ようてどろににたり
南海に棲息する骨のない「泥」という虫は、水中にいる時は生き生きとしているが、水がなくなると酔ったように一塊の泥のようになってしまう。李白の句に「泥酔」というのがある。【異物志】
Zm_2





     














■187
爐灸硯
=ろにすずりをあぶる
凍りついた硯を炉にかざして温める。【司馬光・宋】
Me187








■188寒鳥喧=かんちょうかしまし
冬鳥がやかましく鳴いている。【陸機】
Zm_2


















■189
入無間
=むげんにいる
道の極致の微妙な形容。【老子】
Zm























■190
吾喪我
=われ、われをうしなう
自分の存在をうしなうほどに、深い思索に沈む。無念無想の境地に入り、自己に執着しないこと。【荘子】
Zm_2


















■191
淡若水
=あわきことみずのごとし
君子のまじわりは、水と同じようにあっさりしている。淡交ともいう。【荘子】
Zm_5





















■192
展驥足
=きそくをのぶ
驥は一日千里を走る名馬。この名馬が思いきり走るように、優れた人物がもてる才能を十二分にのばすこと。【三国志】
Zm_4



















■193
忘憂物
=ぼうゆうぶつ
一杯飲んで憂いを忘れること、即ち酒のことをいう。【陶淵明】
Me193





■194
壺中天
=こちゅうのてん
別世界・仙界のこと。また酒を飲んで世を忘れる楽しみ。「壺中天地」「壺中」ともいう。後漢の役人が壺売りの老翁と共に壺中に入ってみると、中には立派な部屋と美食があり共に飲んだという故事に基ずく。【漢書方術伝】
Zm_9





















■195
春在堂
=しゅんざいどう
住い、庭園、書斎などに表札・扁額に書いて掲げる、気に入ったものなどから名づけた号のこと。【兪樾・清】
Zm_2









■196争腐鼠=ふそをあらそう
とるにたらぬ物事をめぐって争うこと。死んだ鼠を手に入れたふくろうが、頭上を飛びすぎた大鳥に鼠を奪われると恐れて叫んだという寓話に基ずく。元好間の詩に「大笑人間争腐鼠」がある。【荘子】
Zm_4







■197介干石=いしよりかたし
節義を守ること。志操堅固。【易経】
Zm_11
















■198
味無味
=むみをあじとす
食味は淡白なほうがよい。恬淡。【老子】
Zm_2





















■199
煙霞癖
=えんかへき
山水をこの上なく愛して旅する性癖。【倪瓚の句】
Zm















■200
曲肱樂
=きょくこうのたのしみ
肱(ひじ)をまげて枕がわりにするような清貧の楽しみ。「子曰く、疏食をくらい水を飲み、肱を曲げて之を枕とす。楽しみも亦たその中に在り」【論語】
Zm_4


















三文字(4) 終了


次の文字種をクリックして、お好みの場所へお入り下さい。

<六文字(1)>


<五文字(1)> <五文字(2)><五文字(3)>
<五文字(4)>   <五文字 (5)> <五文字 (6)>
<五文字(7)>  <五文字(8)> <五文字(9)>
<五文字(10)> <五文字(11)>  <五文字(12)>
<五文字(13)> <五文字(14)> <五文字(15)>
<五文字(16)> <五文字(17)> <五文字(18)>
<五文字(19)>

<四文字(1)>
 <四文字(2)> <四文字(3)>
<四文字(4)>
 <四文字 (5)> <四文字 (6)>
<四文字(7)> <四文字(8)> <四文字(9)>
<四文字(10)> <四文字(11)><四文字(12)>
<四文字(13)>  <四文字(14)> <四文字(15)>
<四文字(16)> <四文字(17)>

<三文字(1)> <三文字(2)><三文字(3)>
<三文字(4)> <三文字(5)> <三文字(6)>
<三文字(7)>
 <三文字(8)> <三文字(9)>
<三文字(10)>


<二文字(1)> <二文字(2)>

 <一文字>

CONTENTS(目次)   漢語・字句一覧

   <お問合せ・ご要望>
------------------------------------------

« 三文字 ( 5 ) | トップページ | 三文字 ( 3 ) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/132709/47863807

この記事へのトラックバック一覧です: 三文字 ( 4 ):

« 三文字 ( 5 ) | トップページ | 三文字 ( 3 ) »