« めでたい言葉(吉語)/四字/五字 | トップページ | 六文字(1) »

めでたい言葉(吉語)/二字/三字

23
                        にほんブログ村 美術ブログ 書・書道へ

    <二文字> 


春信」(しゅんしん)
春の便り、春の来た知らせのこと(花開き鳥啼くなど~)。【梁元帝・漢魏六朝】
M232





春芳」(しゅんほう)
芳香な春の草のこと。【劉克荘・南宋】
M233





熙怡」(きい)
和らいで喜んでいる意。「嬉怡」と同義である。【王凝之・漢魏六朝】
M230





飛觴」(しょうをとばす)
酒宴を開いて楽しむ様。「觴」は盃のこと。【張子容・唐】
M231





翔雲」(しょううん)
めでたい雲のこと。「瑞雲」と同義である。【米芾・北宋】
M229






鶴雲」(かくうん)
春分の日に出るといわれる白鶴に似た目出度い雲のこと。単に鶴と雲のこと。【李嘉裕詩・】
M228





肇祉」(しをはじむ)
年の初めに当って幸福をひらきはじめること。祉は福の意である。【陸機・漢魏六朝】
M226





豊楽」(ほうらく)
実り豊かで、人々が楽しんでいること。【蘇軾・宋】
M227





百祥」(ひゃくしょう)
幸いが一杯に多いこと。「百福」と同義。【書経・】
Zm_2







新春」(しんしゅん)
新陽、暦の新しくなった年の初めの春のこと。初春、新年。【李端・唐】
Zm






嘉祥」(かしょう=しょうをよみする)
目出度いしるしのこと。幸運の徴候。瑞相、吉祥と同義。【漢書・】
Zm_2






吉祥」(きっしょう=よいしるし)
よい兆し。めでたいしるしのこと。吉瑞、幸福と同義。吉は目出度いことを祈る言葉。【荘子・】
Zm







介福」(かいふく=おおいなるさいわい)
幸いがとても大きいこと。介は鎧の中の人を表し、仲立ち、大きいの意。【易経・】
Rew12






頌春」(しょうしゅん=はるをほめる)
新春を褒め称えて言祝ぐ。年賀の挨拶の言葉。頌は祭りの広場で舞をまう様子を表し、褒め称えること。【~・】
Re22









福綏」(ふくすい)
幸福にして安泰であること。綏は安定してやすらかである意。【~・】
Rm222









遐福」(かふく=はるかなるふく)
遥かなる永遠の幸福。幸いが大いなること。「遐年、遐寿」と同義。【詩経・】
Zm_3







壽脩」(じゅしゅう=じゅながし)
寿命が長く続くことを祝う。【漢鑑銘・漢魏六朝】
Zm_2





春祺」(しゅんき=はるをめでる)
うららかな春の季節が安泰であることを祝う。祺は、心安らかで憂いのない様子。「春禧」と同義。【漢書・】
Rm111








飛翔」(ひしょう)
空を飛びかけること。「翔」は羽でかけ揚がるさま。 【関尹子・古代/秦】
Zm








鳳舞」(ほうぶ=おおとりまう)
鳳凰が舞う。天下泰平になると鳳凰が現れるといわれる。 【易林・江戸時代】
Mb07





福壽」(ふくじゅ)
幸福と長寿 【蔡伝、書経】
Zm_3





休徴」=きゅうちょう=さいわいのきざし
めでたいしるし(兆し)をいう。同義:吉兆、休兆。
【「曰休徴 曰粛 時雨若(程よい時に降るのは時雨なり)」より】
Zm 





盛福」(せいふく=さかんなるさいわい)
盛大なる幸福。しあわせが最高潮であること。 【史記・】
Zm





祥鳳」(しょうほう=さちあるおおとり)
めでたい徴候に現れ出る霊鳥のこと。聖人が現れる前兆。 【淮南子・漢魏六朝】
Zm_2




樂天」(らくてん=てんをたのしむ)
天の命ずるままに楽しんで生活すること。自分の境遇に安んじて、物事に悩んだり苦しまないこと。 【易経・】
Mb03






椿壽=ちんじゅ
大椿の長生きにあやかった長寿のことば。中国古代にあった伝説上の「大椿」は、八千年を春・秋とし、三万二千年が人間の一年に相当する非常に長生きの木であった。【庚闌・漢魏六朝】
Zm



吉瑞」(きちずい) 
めでたいしるし。幸い。【漢書・漢魏六朝】
Zm 





享壽」(きょうじゅ=じゅをうける)
寿命をうける。天から授けられた寿命のこと。「天寿」と同義である。【徐彦伯「南郊賦」・唐】
Mb06






慶雲 =けいうん 
めでたい雲。よいことのある前兆の雲。縁起のよい雲。同義:瑞雲、景雲。【列子・】
Mb01






瑞雲」(ずいうんめでたいくも)
めでたい時に前兆として現れる雲のこと。 【太平御覧・宋】
Rew11







新禧」(しんき=あたらしきよろこび)
新年のよろこび。神から授けられる幸いである。 【福恵全書・清】
Zm_4




彭壽」(ほうじゅ)
700才まで生きたといわれる彭祖のような伝説の長寿をさしており、長寿の祝い言葉として使われる。 【神仙伝・】
Mb04





嘉壽=かじゅ
幸福多く長生きである。【顔延之・漢魏六朝】

Zam

















景福
=けいふく (けいなるふく)
大いなる幸い。素晴しい幸福。同義:大福。【詩経・】
Mb02





壽慶=じゅけい
命が長くめでたいこと。【呉全節・元】

Zm_2


























麟鳳
(りんほう) 
中国古代伝説上の動物である麒麟と鳳凰のことであり、その優れた才能・習性が、聖人・賢人の喩えに用いられる。【礼記・】
Mb05









永壽
=えいじゅ
命が長いこと。長命。長寿。【劉臻妻・漢魏六朝】

Zm_2

祝延」(しゅくえん)
長寿を祝い祈ること。【~・】
Rew10

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

 
< 三文字 > 




■05
瑞色鮮 」=
ずいしょくあざやかなり
めでたい姿や心が鮮やかに周りの景色に反映している。Za05






















■06 仁者寿」=じんしゃはじゅなり

徳の高い人は寿命が長いものだ。Za06
















■10
随處楽=ずいしょにたのしむ
いつでもどこでも、時と場所に応じて楽しみを見出し、今を楽しむ。【陸游・宋】
Re12








■15 福如雲」=ふくじょうん
幸福が雲のように湧き起こっている。【昭徳皇后/唐】
Am10











■18
萬家春 」=ばんかのはる
誰の家もみな春。(天下泰平で、春の訪れを喜ぶめでたい句)    【蘇軾・宋】
Am11









■19
彰嘉瑞=かずいをあらわす
めでたいしるしや吉兆があらわれる。【~】
Re15






■22 春如海 」=しゅんじょかい
春めいたのどかな気配が海のように広がっている。
【慶雨林】
Re14







■25歡無極」=よろこびきわまりなし
よろこびがつきない。【和漢朗詠集】5














■26 酔春風 」=しゅんぷうによう
めでたい気配が鮮やかに見える。【陸游】
Re44







■28 萬里春
=ばんりのはる
はるか遠くまであらゆるところが春めいている。(春の訪れと天下泰平のよろこび)【杜甫「喜観即到復題短篇」・唐】1

















■32 恭則壽
=きょうなればすなわちいのちながし
礼儀よく正直であれば長生きするものである。【周・武王】

Zm_3





■38 有春意=しゅんいあり
春ののどかな陽気が立ち込めている。春の訪れの喜びに使う言葉。【近思録・宋】

Me38








■54 無量寿
=むりょうじゅ
はかり知れない寿命。(長寿。 阿弥陀仏の異名)【武平一・唐】
Za254

 
















■56 景雲飛
=けいうんとぶ
縁起のよい(めでたい前兆の)雲が空に広がる。【傳玄・漢魏六朝】
Me56








■57 
鶯花海=おうかのうみ
鶯がさえずり、花が咲き乱れる春の情景が海のように広がる。(春爛漫のめでたい光景)
 
Me057






 
■89 慶維新」=いしんをよろこぶ
すべてが改まり新しくなることを喜ぶ。Za289

























■95 柏葉寿=はくようのじゅ
柏の葉は一年中緑を保つことから、長寿のことをさす。「松柏壽」と同義。 【武平一・唐】
Re13






■105 南山寿
=なんざんのじゅ
長寿を祝う言葉。南山は周の都の南にある終南山。  【詩経】
Za3105




























■124天地壽
てんちのじゅ
天地のように長い寿命。  【王維・唐】

Me124







161萬世福」=ばんせいのふく
いつの世までもつきない幸福【鬻子・春秋戦国】
Zam_4















■247福壽杯=ふくじゅのはい
幸福と長命を祝うさかづき。【~・明】
Zm_2







■280
無彊福
=かぎりなきふく
つきることがない幸福。【李商隠・唐】
Zm_11






■289
菊花壽
=きくかのじゅ
菊花の祝いことば。九月九日のこと。【西京記・唐】
Zm_2






■291
亨壽星
=じゅせいにきょうす
生命を司るといわれる壽星に物を奉納して福寿を祈る。【左傳】
Re






■297
壽且昌
=じゅにしてかつさかんなり
寿命長く、その上に栄えている。【郝経・元】
Re_2





■299
表壽徴
=じゅちょうをあらわす
寿命が長いことを表示すること。【丘濬・明】
Zm_10







■305
獻壽盃
=じゅはいをけんず
お祝いの盃を奉納すること。【羅隠・唐】
Zm_33




■423福寿海」(ふくじゅかい)
福徳が海の如く満ち溢れていること。正月・慶事に用いられる吉語である。観世音菩薩の力についての一節「福聚海無量」よりの語句。【観音経・】
Mm49











◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

語句にある番号は<管理番号>です。


◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

にほんブログ村 美術ブログ 書・書道へ
にほんブログ村

« めでたい言葉(吉語)/四字/五字 | トップページ | 六文字(1) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/132709/47863594

この記事へのトラックバック一覧です: めでたい言葉(吉語)/二字/三字:

« めでたい言葉(吉語)/四字/五字 | トップページ | 六文字(1) »