« 四文字 (6) | トップページ | 四文字(4) »

四文字 (5)

Za
◇◇◇◇◇◇◇にほんブログ村 美術ブログ 書・書道へ◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
 
   <四文字 (5) 目次 >    本コーナーの漢語


201 雲高氣静    202才思深敏     203愚公移山
204竹聲松影     205玉雪開花     206雅人深致
207福以徳招     208文徳武功     209富貴在天
210年豊人樂     211外發英華     212永受嘉福
213安身靜體     214道法自然     215策杖尋雲

216理順義存     217得意則歡     218寄心清尚
219氣新光照     220知道不惑 221舎短取長
222自我作古     223坐不垂堂     224冬日可愛
225天上大風     226和神養素     227器宇弘深
228樂善存心     229誠敬謙謹     230蓮花在水
231有生於無     232衆妙之門     233聖人不仁
234退水藏鱗     235枯木龍吟     236仁者樂山
237好古敏求     238寂然不動     239殺身成仁
240風月主人     241心如鐵石     242雲心月性
243風不鳴條     244木強則折     245古訓是式
246竹渓六逸     247三徑遺芳     248學萬人敵
249心中有心     250大上立徳

--------------------------------------------
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



      四文字  (5)




■201 雲高氣静=くもたかく きしずかなり
雲は澄み渡って高く、気も澄んで静かである。【曹植】 
Zam_2


























■202
才思深敏
=さいし しんびん
才智は敏活であり思慮が深い。【魏書】
Zam_3


















■203
愚公移山=ぐこうやまをうつす
どんな難事でも、努力次第で大きな仕事を成し遂げることができる。【列子】
Zam

























■204
竹聲松影=ちくせいしょうえい
風が吹いて竹が響き、月に照らされて松に影ができる。【許棐】
Zam_3















■205
玉雪開花
=ぎょくせつはなをひらく
美しい雪が樹に降りかかり、花が咲いたようになっている。【昭明太子・漢魏六朝】
Zm_2








■206 雅人深致=がじんのしんち
高尚な人の奥深い趣。【謝安】
Me206







■207
福以徳招=ふくはとくをもってまねく
幸せは、その人の徳によって得られるものである。【玄宗】
Zam_5

























■208
文徳武功=ぶんとくぶこう
学問文教の徳と武事の手柄。【郭子儀】
Zam_3
















■209
富貴在天=ふうきはてんにあり
富貴は求めて得られるものではない。死生も天命に属しているのです。【論語】
Zam_2


























■210
年豊人樂=としゆたかにひとたのしむ
五穀がよく実り、天下の人が喜ぶ。【朱子】

Zam_2





















■211
外發英華
=そとにえいがをはっす
外に華やかさを発している。名誉があらわれること。【張華】
Zam_2















■212
永受嘉福
=ながくかふくをうく
永久にめでたい幸福をさずかる。【漢瓦當文】
Zam























■213
安身靜體
=みをやすんじたいをしずかにす
身を落ち着かせて体を静かにする。身体を安泰にする。【漢書】
Zam_2















■214
道法自然
=みちはしぜんにのっとる
すべては自然にのっとって成り立っている。【老子】
Lmm























■215
策杖尋雲
=つえをついてくもをたずぬ
杖を携えて山中などに遊ぶ。【許渾】

Zm
























■216
理順義存
=りじゅんぎそん
道理にかなって、正しい行いをすること。【李程】
Zm_2
















■217
得意則歡
=いをうればすなわちよろこぶ
思いがかなえば喜びが大きくなります。【袁嶠之】
Photo

























■218
寄心清尚
=こころせいしょうによす
心を清くして高尚な物事によせる。【陶淵明】
Zm

















■219
氣新光照
=きあらたにこうあきらか
気持は清新にして、光輝は明らかである。【王讚・漢魏六朝】
Zm







■220
知道不惑=みちをしればまどわず
物の道理をわきまえていれば、迷うことがない。【淮南子・漢魏六朝】

Me220







■221 舎短取長=たんをすててちょうをとる
悪しきを捨てて善きを取る。【漢書】
Zm_3
























■222
自我作古
=われよりいにしえをなす
古例にとらわれないで自分から新しいものを開拓して、後世の人がこれを古例として使うようにする。【宋史】
Zm


















■223
坐不垂堂
=ざするにどうにすいせず
堂の端近くに身を置かないこと。危うきに近寄らない。垂は辺。【司馬相如】
Zm_2
















■224
冬日可愛
=とうじつは あいすべし
冬の太陽は暖かくて親しまれるが、夏の日は暑くて嫌われる。やさしく穏やかな人柄が好まれる形容。【左伝】
Zm_2






















■225
天上大風
=てんじょうたいふう
易経の「風行天上」に基く。良寛が凧にこの文字を揮毫したことで有名。【易経より】
Zm_2
















■226
和神養素
=しんをやわらげそをやしなう
精神をやわらげて、まことを養う。【王義之】
Zm






















■227
器宇弘深
=きうこうしん
才能人格が深いこと。【何充】
Zm_2














■228
樂善存心
=ぜんをたのしみこころをそんす
善を楽しみ、忘れないよう心にとどめておく。【文徴明】
Zm_4






















■229
誠敬謙謹
=せいけいけんきん
誠実・敬い・謙虚・つつしみ。この四つは、人に必要な心掛けなのです。【貝瓊】
Zm
















■230
蓮花在水
=れんかみずにあり
蓮の花は泥水に咲いても、決してけがれには染まりません。【法華経・漢魏六朝】
Zm_3







■231 有生於無=ゆうはむよりしょうず
万有の根源は無である。【老子】
Zm
























■232
衆妙之門
=しゅうみょうのもん
妙とは微の極。万物は微に始まって成り、無に始まって生じる。門は道のこと。「道」は衆妙の根源であるから門という。広辞苑では、「衆妙」を<天地万物の微妙な道理>と解説している。【老子】
Zm_3



















■233
聖人不仁
=せいじんふにん
真の聖人は天地の自然にまかせているので、不仁である。不仁とは特別に仁道などを行わないこと。「天地不仁」と同義語。【老子】
Zm






















■234
退水藏鱗
=みずにしりぞき うろこをかくす
閑地に隠退することを魚に例えて表現したことば。【虚堂録】
Zm_6


















■235
枯木龍吟
=かれきりゅうぎん
枯木が風に吹かれて龍の如くにうなっている様子。活力が全くなくなったところから再び生命が動き出すこと。静中の動を形容した言葉でもある。執着、妄想を断ち切った後に新たな力が生まれてくるのである。【碧嚴録・宋】
Zm_5























■236
仁者樂山
=にんじゃはやまをたのしむ
仁者は不動安定の山を楽しむ。智者は水を楽しむ。【論語】
Zm

















■237
好古敏求
=いにしえをこのみ さとくにもとむ
古学を好んで学び、修養にはげむ。【論語】
Zm























■238
寂然不動
=じゃくねんふどう
しずかで動揺しない心境のこと。【易経】
P1040646_2









■239殺身成仁=みをころしてにんをなす
たとえ吾が身をすてても仁を全うする。【論語】
Zm_3
























■240
風月主人
=ふうげつしゅじん
清風明月を楽しむ人。五代史にある「詩を作り酒を飲み、風月の主人となる」に基ずく。【五代史】
Zm_5





















■241
心如鐵石
=こころはてっせきのごとし
鉄石のように心(意志)が堅い。【柳儉】
Zm_3

















■242
雲心月性
=うんしんげっせい
淡白無欲なこと。孟浩然の句「野客は雲を心となし、高僧は月を性となす」による。【孟浩然】
Zm_6























■243
風不鳴條
=かぜはじょうをならさず
風が吹いても樹の枝を鳴らすほど強くは吹かない。條は枝のこと。太平の世の形容。「雨不破塊(雨は土地をくずすほどは降らない)」と対句。【論衡、塩鉄論】
Zm_3

















■244
木強則折
=きつよくそくおれる
強いものほど兎角折れやすい(柳に雪折れなしの反対)。革製品でも堅いほど裂け易い。歯は舌より硬く強いが舌ほど長持ちしない。【淮南子】
Zm_6
















■245
古訓是式
=こくんを、これのっとる
古人の訓戒を大切に守る。【詩経】
Zm_7
















■246
竹渓六逸
=ちくけいのろくいつ
徂徠山の竹渓に日ごと会飲した酒友六人。筆頭は李白であった。【唐書】
Zm















■247
三徑遺芳
=さんけいのいほう
庭園の中に設けられた三つのこみちに、蘭、菊、竹をそれぞれ植えられていた。陶淵明の帰去来辞にも「三径、荒に就く」とある。【~】
Zm

















■248
學萬人敵
=ばんにんのてきをまなばん
兵法についての項羽のことば「書は姓名を記せば足る。剣は一人の敵。万人の敵を学ばん」より。西楚の覇王、英雄項羽にとって、殊に少壮気鋭の彼が書道をかように観たのも咎めるほどではない。【史記】
Zm_5





















■249
心中有心
=しんちゅうゆうしん
心の中にも又心あり。心を以て心を制する。「心猿意馬」は欲情のために心が定まらない例えであり、もう一つの心(理性)で制御するのが心中有心である。【管子】
Zm_3















■250
大上立徳
=だいじょうは、とくをたつ
人としての最上の行いは、徳を立てること。次は功を立てる、次は言をたてること。【左伝】
Zm_12























    四文字(5) 終了

次の文字種をクリックして、お好みの場所へお入り下さい。

<六文字(1)>


<五文字(1)> <五文字(2)><五文字(3)>
<五文字(4)>   <五文字 (5)> <五文字 (6)>
<五文字(7)>  <五文字(8)> <五文字(9)>
<五文字(10)> <五文字(11)>  <五文字(12)>
<五文字(13)> <五文字(14)> <五文字(15)>
<五文字(16)> <五文字(17)> <五文字(18)>
<五文字(19)>

<四文字(1)>
 <四文字(2)> <四文字(3)>
<四文字(4)>
 <四文字 (5)> <四文字 (6)>
<四文字(7)> <四文字(8)> <四文字(9)>
<四文字(10)> <四文字(11)><四文字(12)>
<四文字(13)>  <四文字(14)> <四文字(15)>
<四文字(16)> <四文字(17)>

<三文字(1)> <三文字(2)><三文字(3)>
<三文字(4)> <三文字(5)> <三文字(6)>
<三文字(7)>
 <三文字(8)> <三文字(9)>
<三文字(10)>


<二文字(1)> <二文字(2)>

 <一文字>

CONTENTS(目次)   漢語・字句一覧

   <お問合せ・ご要望>
------------------------------------------

にほんブログ村 美術ブログ 書・書道へ

« 四文字 (6) | トップページ | 四文字(4) »