« 三文字 ( 8 ) | トップページ | 三文字 ( 6 ) »

三文字(7)

Rigoukkk
◇◇◇◇◇◇◇◇にほんブログ村 美術ブログ 書・書道へ◇◇◇◇◇◇◇◇◇


   
  <三文字 (7) 目次> 本コーナーの漢語

301龜游沼 302定心氣 303烟霞侶 304朝野樂 305獻壽盃
306聊自樂 307任所適 308勉而致 309恵而信 310此中佳
311闡彝訓 312松喬福 313勤而整 314守清虚 315梅迎臘
316恬榮利 317思暖律 318忍無辱 319遂其終 320獲嘉榮
321松花酒 322氷合澗 323志欲静 324煖爐曾 325風埃慘
326濯清水 327追涼風 328雨潤時 329天如水 330灑扇風
331菊揚芳 332山色健 333警鶴露 334事欲静 335寬而栗
336日如年 337風洗蒸 338禮許儉 339日閒曠 340菊挺芳
341動作慎 342養恬漠 343文史足 344月養魄 345衣冠中
346蘭飛馨 347延涼颸 348蓮花酒 349避暑會 350謹蓋蔵
 
-------------------------------------------
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


     
三文字(7)



■301 龜游沼=かめぬまにあそぶ
亀が沼地で遊びたわむれている。【李華・明】
Zm_8



■302 定心氣=しんきをさだむ
心が落ち着いていること。【月令】
Me302



■303 烟霞侶=えんかのりょ
山水の景色などを楽しみ愛でる友。隠士をいう。 【~・唐】
Zm







■304 朝野樂=ちょうやのたのしみ
朝廷や民間のよろこび。上下のたのしみを指す。【~・清】
Zm_35



■305 獻壽盃=じゅはいをけんず
お祝いの盃を奉納すること。【羅隠・唐】
Zm_33



■306 聊自樂=いささかみずからたのしむ
しばらく自ずから楽しむこと。【~・宋】
Zm_3



■307 任所適=ゆくところにまかす
行く先々の所にうちまかす。向うところ敵なし。【曹華・六朝】
Zm



■308 勉而致=つとめていたす
つとめて誠をつくすこと。【~・宋】
Zm



■309 惠而信=けいにしてしんあり
仁愛を施してまことであること。【史記】
Zm_4



■310 此中佳=このちゅうにかなり
或るものをさして「よし」ということ。【盧藏用・唐】
Zm_5



■311 闡彝訓=いくんをひらく
人倫の教えを開き明らかにすること。【庚信・漢魏六朝】
Zm_15



■312 松喬福=しょうきょうのふく
長寿である赤松子と王子喬の二人の福のこと。【馮衍・明】
Zm_13



■313 勤而整=つとめてととのう
つとめて正し、ととのえること。【陶侃・漢魏六朝】
Zm_14



■314 守清虚=せいきょをまもる
潔白にしてわだかまりがないことを守り通すこと。【漢書・漢魏六朝】
Zm_6



■315 梅迎臘=うめろうをむかう
梅が十二月に花を咲かせること。【歐陽氷叔・宋】
Ma315





■316 恬榮利=えいりにてんたり
栄誉や利欲に心が動かされないこと。【孔融・漢魏六朝】
Zm



■317 思暖律=だんりつをおもう
暖かい気候が到来すること。【羅隠・唐】
Zm_3








■318 忍無辱=しのばばはづかしめなし
何事にも忍耐していれば、恥を招くことはありません。【~】
Zm_7



■319 遂其終=そのおわりをとぐ
物事の終末にいたるまで全身全霊で果たすこと。【~・宋】
Zm_13








■320 獲嘉榮=かえいをう
よき繁栄を得ていること。【張潮・清】
Zm






■321
松花酒
=しょうかしゅ
松の花を酒じこみした薬酒のこと。【崔希賢・唐】
Zm_4





■322
氷合澗
=こおりかんにがっす
氷が谷川にはりつめている様。【朱超道・漢魏六朝】
Zm_2




■323 志欲静=こころざしはせいならんとほっす
静なることを本心望んでいるのです。【~・漢魏六朝】
Zm



■324 煖爐曾=だんろかい
陰暦十月一日に催される酒宴のこと。ろびらき。【歳時記・漢魏六朝】
Zm_3






■325 風埃慘=ふうあいさんたり
風によって舞い立っているほこりが、暗く物寂しい様子。【温庭筠・唐】
Zm_6




■326 濯清水=せいすいにあらう
清らかな水で洗い落とすこと。【仲長統・漢魏六朝】
Zm_3



■327 追涼風=りょうふうをおう
涼しい風をたずねまわること。【~・漢魏六朝】
Ma327





■328 雨潤時=あめときをうるおす
雨が降って気持ちよく潤っている様子。【曹植・漢魏六朝】
Zm_4



■329 天如水=てんみずのごとし
秋の夜空などの澄み渡っている様をさす。【許亶・唐】
Zm_5



■330 灑扇風=おうぎにそそぐかぜ
扇または団扇に吹きあたる風のこと。【王元寶・唐】
Zm_18



■331 菊揚芳=きくほうをあぐ
菊の花が香りを放っている様。【潘岳・六朝】
Zm_2


■332 山色健=さんしょくけんなり
秋の山を指していうことば。【韋荘・唐】
Zm_4




■333 警鶴露=けいかくのつゆ
秋の気配のこと。【夏候湛・六朝】
Zm_3


■334 事欲静=ことはせいをほっす
物事は静かなるのがよい。【~】
Zm_5



■335 寬而栗=かんにしてりつ
寛大であるが、しかも厳重なること。【~】
Zm_17



■336 日如年=ひとしのごとし
夏の日長をさしていうことば。【唐庚・宋】
Zm_4



■337 風洗蒸=かぜじょうをあらう
蒸し暑さを風が吹いて洗い流してくれること。
【蘇東坡・宋】
Zm_6



■338 禮許儉=れいはけんにゆるす
礼儀作法は厳格であるべきです。【~】
Me338





■339 日閒曠=ひにかんこう
静かなる日々にして、ゆるやかに過ぎてゆくこと。【温庭筠・唐】
Zm




■340 菊挺芳=きくほうをていす
菊の花が咲いて香気を放っている様。【李顒・唐】
Zm_2



■341 動作慎=どうさはつつしめ
何かにつけて、身の活動は慎重にするべきである。【~】
Me341





■342 養恬漠=てんばくをやしなう
心を静かにして欲の少ない徳を養ってゆくこと。【慮同・唐】
Zm_4



■343 文史足=ぶんしたる
文史が充分に身についていて不足がないこと。【東方朔・漢魏六朝】
Zm_6 



■344 月養魄=つきはくをやしなう
新月(死魄)からだんだんと明月となってゆく様をいう。【~・漢魏六朝】
Zm_7



■345 衣冠中=いかんのうち
衣冠すなわち礼服(宮中での勤務装束)を着ているとのこと。【~】
Zm



■346 蘭飛馨=らんけいをとばす
蘭の花が薫り高い花気を周り一面に放っている様。【~・唐】
Zm



■347 延涼颸=りょうくをひく
涼しい風をひきよせること。【~・宋】
Zm_2



■348 蓮花酒=れんげのさけ
蓮の花を混ぜて醸造させた酒。【房壽・唐】
Zm



■349 避暑會=ひしょのかい
暑さをさける寄り合い。【開元遺事・唐】
Zm_5


■350 謹蓋蔵=かいぞうをつつしむ
注意深く思い巡らせること。【~・漢魏六朝】
Zm_4


   
三文字(7) 終了



次の文字種をクリックして、お好みの場所へお入り下さい。


<六文字(1)>


<五文字(1)>
 <五文字(2)><五文字(3)>
<五文字(4)>   <五文字 (5)> <五文字 (6)>
<五文字(7)>  <五文字(8)> <五文字(9)>
<五文字(10)> <五文字(11)>  <五文字(12)>
<五文字(13)> <五文字(14)> <五文字(15)>
<五文字(16)> <五文字(17)> <五文字(18)>
<五文字(19)>

<四文字(1)>
 <四文字(2)> <四文字(3)>
<四文字(4)>
 <四文字 (5)> <四文字 (6)>
<四文字(7)> <四文字(8)>
 <四文字(9)>
<四文字(10)>
 <四文字(11)><四文字(12)>
<四文字(13)>
 <四文字(14)> <四文字(15)>
<四文字(16)> <四文字(17)>

<三文字(1)>
 <三文字(2)><三文字(3)>
<三文字(4)>
 <三文字(5)> <三文字(6)>
<三文字(7)>
 <三文字(8)> <三文字(9)>
<三文字(10)>


<二文字(1)>
 <二文字(2)>

 <一文字>

CONTENTS(目次)
  漢語・字句一覧

  
 <お問合せ・ご要望>
------------------------------------------

にほんブログ村 美術ブログ 書・書道へ




V3530V3930

« 三文字 ( 8 ) | トップページ | 三文字 ( 6 ) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/132709/47863885

この記事へのトラックバック一覧です: 三文字(7):

« 三文字 ( 8 ) | トップページ | 三文字 ( 6 ) »