« 三文字 ( 4 ) | トップページ | 三文字 ( 2 ) »

三文字 ( 3 )

Qvw◇◇◇◇◇◇◇◇にほんブログ村 美術ブログ 書・書道へ◇◇◇◇◇◇◇◇◇

   
  <三文字 (3) 目次> 本コーナーの漢語

101愛幽棲 102青一髪 103箕山志 104天假手 105南山寿
106心善淵 107實若虚 108俟河清 109心如水 110子不語
111坦蕩蕩 112徐如林 113青白眼 114曰難言 115石韞玉
116風中燭 117夢中夢 118致良知 119毋不敬 120忘筌蹄
121我為我 122林下風 123君子林 124天地寿 125竹葉觴
126不如学 127春可樂 128養恬福 129非思量 130快作樂
131施無畏 132麻三斤 133啐啄機 134無縫塔 135我逢人
136明則誠 137疑思問 138惺々着 139思入玄 140霜抱樹
141学遜志 142月影清 143金石交 144明明徳 145吹毛剣
146莫眼花 147求放心 148樂琴書 149鶴聴碁 150養其拙 

-------------------------------------------
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


     
三文字(3)



■101 愛幽棲=あいゆうせい
静かな境地を愛すること。  【陶潜】
Za3101


■102

Za3102


















■103
箕山志」=きざんのこころざし
許由という人が皇帝から天下を譲ると言われたときに、俗な話で耳がけがれたと言い、箕山に隠居したことに由来する。  【史記】Za3103青一髪
=せいいっぱつ
一本の髪を引いたような山や地平線。蘇軾の「青山一髪是中原」より。  【蘇軾】

















■104
天假手」=てん てをかる

天は自ら手をくださず、人の手をかりてその意思を実行する。 【書経】Za3104
















■105
南山寿
=なんざんのじゅ
長寿を祝う言葉。南山は周の都の南にある終南山。  【詩経】Za3105



























■106
心善淵」=こころはふちをよしとす

心は淵のように深く静かであるのがよい。  【老子】Za3106
















■107
實若虚」=みつれども むなしきがごとし

十分に徳があっても、それらしきそぶりがない。  【論語】Za3107
























■108
俟河清
=かせいをまつ
いつも黄色く濁っている黄河の水が澄むのをまつ。あてにならないものをあてにすること。  【左伝】Za3108















■109
心如水
=こころみずのごとし
心が清らかである。  【漢書】Za3109


























■110
子不語
=しふご
『怪力乱神』のこと。論語中の「孔子は怪奇、暴力、騒乱、鬼神のような常道を逸したことは語ろうとしなかった<子不語怪力乱神>」に基づく。【論語】
Zm_6





■111
坦蕩蕩
=たんにしてとうとう
立派な人の心は平らで広いものです。【論語】
Zm_5






■112 徐如林=しずかなること林のごとし
行動をおこさないときは林のように静かである。孫子の「其疾如風 其徐如林 侵略如火 不動如山」より。  【孫子】Za3112
















■113
青白眼
=せいはくがん
機嫌のよい目つき(青眼)と不機嫌な目つき(白眼)。竹林七賢の阮籍は使い分けを得意にしていた。  【晋書】Za3113























■114
曰難言
=いわくいいがたし
言いにくいとしか、言えない。   【孟子】Za3114















■115
石韞玉
=いしたまをつつむ
山の石に玉があると、山は自然とかがやく。人の心も、内に美徳があると立派にみえる。  【陸機】Za3115























■116
風中燭
=ふうちゅうのしょく
風の中のともしびのこと。人生のはかなさのたとえ。【古楽府・漢魏六朝】
Zm_4





■117
夢中夢
=むちうのゆめ
夢の中の夢とは、「寝ぼけ話をする」と一般に解釈されるが、仏典では悟りの中で悟りを説くこと=仏について説くことの意味である。一切の現象は固定的実体を持たないので夢に例えられる。人世のはかなさの例えでもある。 【季群玉・唐、続古尊宿語要・明】Za3117




























■118
致良知
=ちりょうち
人間がもともと持っている理知を伸ばすこと。 【王陽明】Za3118

















■119
毋不敬
=けいせざるなかれ
敬意を失ってはならない。  【礼記】Za3119


























■120
忘筌蹄
=せんていをわする
筌は魚を取る罠。蹄は兎を取る罠。目的を達すれば不用になり忘れてしまうこと。悟ってしまえば、学んだ書物や教えは不用になる。  【荘子】Za3120

















■121
我為我=われはわれたり
自分は自分。誰も自分をけがすことはできない。【孟子】
Zm_3






■122 林下風」=りんかのふう
山林に住んでいる世捨て人の良いたとえ。  【世説】Za3122

















■123
君子林」=
くんしのはやし
高貴な人のなかま。 【漢書】Za3123



























■124
天地寿」=てんちのじゅ
天地のように長い寿命。  【王維】

Me124







■125
竹葉觴
=ちくようのしょう 
竹葉は酒のこと。酒杯、又は酒の入った杯。  【韓鄂】
Za3125

























■126
不如学」=まなぶにしかず
長い間、思慮にふけっても何も得ることはない。学問を修めるのが良い。【論語】
Zm_12






■127 春可樂=はるたのしむべし 
春の花が咲くときに行楽するのがよい。   【夏候湛】
Za3127


















■128
養恬福=てんぷくをやしなう 
やすらかなる幸福を養い保つ。   【曹操】
Za3128


























■129
非思量
=ひしりょう  
雑念(煩悩・妄想)に捉われず、追わないこと。(坐禅のときの心の持ち方)【普歓坐禅儀】
Za3129





















■130
快作樂
=かいをたのしみとなす 
こころよき事をもって、よろこびとする。【壬獻之】
Za3130



























■131
施無畏
=せむい  
何物も畏れない力を与える~畏怖の気持(
畏れ)を取り払って救い安心させること。観音菩薩はこのような力を具えているので「施無菩薩」とも呼ばれる。右手を上げて五指を伸べて手の平を外に向ける「施無畏印」で知られる。【観音経】
Re31








■132
麻三斤
=まさんぎん  
「仏とはどのようなものか」に対する洞山和尚の答え。その時計っていた麻の重さが三斤(仏衣一着分の麻糸量)であった。仏とは真理の体験者であるという教えである。【碧巌録、無門関・宋】
Za3132
























■133
啐啄機
=そったくのき
 卵から雛がかえるとき、殻の内からコツコツと雛がつつき、親鳥が強い嘴で殻を破る。一瞬を逃さないはたらきが啐啄の機である。人間関係、家庭生活、全てが啐啄の機といえよう。これこそ永遠の生命の姿なのである。【碧巌録】Za3133




















■134
無縫塔
=むほうとう
 僧侶の墓石に多用される継ぎ目のない一塊の石で作られた卵形の塔。縫い目(継ぎ目)のない墓とは、天地一杯のように自他のない無我の境地のこと。【碧巌録・宋】
Za3134

























■135
我逢人
=がほうじん 
人と逢うことから全てが始まる。出会いの尊さを表した言葉。  【道元禅師】
Za3135
















■136
明則誠
=あきらかなればすなはちまことなり  
心が明らかになれば、それが誠なのです。  【中庸】
Za3136

























■137
疑思問
=うたがうには とうをおもう
わからない事には問うことを思え。  【論語】
Za3137
















■138
惺々着
=せいせいじゃく  
目を覚ませ(心を目覚めさせよ)。精神をはっきりとした(明らかな)状態に保っていなさい。「着」は命令の意味を表す助詞である。瑞巌和尚が毎日自分自身の「主人公」に呼びかけていた言葉。  【無門関・宋】
Za3138


























■139
思入玄
=おもいげんにいる  
幽玄な心境にひたること。  【蘇軾】Za3139
















■140
霜抱樹
=しも じゅをいだく
霜が樹木をつつんでいる。   【昭明太子】
Za3140



























■141
学遜志=がくは こころざしをそんす       
学問に対しては謙虚であることが大切である。 【書経】Za3141

















■142
月影清
=つきかげきよし
さわやかな秋月の形容。 【杜甫】
Zma
















■143
金石交
=きんせきのまじわり
鉄石のように堅い交友。【宋史】
Za_2














■144
明明徳
=めいとくをあきらかにす
本来の心の明徳を、益々みがいて明らかにする。修養の根本です。【大學】
Zam_4


























■145
吹毛剣
=すいもうけん
毛を吹き付けると、刃にあたって一瞬にして切れるような鋭利な剣。仏性に例えられる。また、煩悩・妄想を次々と断ち切るような、優れた修行者の鋭い力を表す。【碧厳録・宋】
Zam_5


















■146
莫眼花
=がんかすることなかれ
眼花とは眼病のときに空中に見える花、空花のことであり、迷い・妄想のことに例えています。無駄な妄想をやめて、必要なことを見失わないように心の鏡を澄ませておきなさいという戒めの句。
【碧厳録「忠国師無縫塔」・宋】
Za






















■147
求放心
 =ほうしんをもとむ  
逃げた心を呼びもどす。修養の根本。  【孟子】
Zam_2





















■148
樂琴書
=きんしょをたのしむ
文人は琴と書物をわが友として楽しむ。【陶潜】
Zam_4















■149
鶴聴碁
=つる ごをきく
鶴が舞い下りて、碁に耳を傾けるような風情。【賈島】
Zam






















■150
養其拙
=そのせつをやしなう
飾り気のない気持を養う。拙は、素朴の意。【呉鎭】
Zam_2












三文字(3)  終了



次の文字種をクリックして、お好みの場所へお入り下さい。

<六文字(1)>


<五文字(1)> <五文字(2)><五文字(3)>
<五文字(4)>   <五文字 (5)> <五文字 (6)>
<五文字(7)>  <五文字(8)> <五文字(9)>
<五文字(10)> <五文字(11)>  <五文字(12)>
<五文字(13)> <五文字(14)> <五文字(15)>
<五文字(16)> <五文字(17)> <五文字(18)>
<五文字(19)>

<四文字(1)>
 <四文字(2)> <四文字(3)>
<四文字(4)>
 <四文字 (5)> <四文字 (6)>
<四文字(7)> <四文字(8)> <四文字(9)>
<四文字(10)> <四文字(11)><四文字(12)>
<四文字(13)>  <四文字(14)> <四文字(15)>
<四文字(16)> <四文字(17)>

<三文字(1)> <三文字(2)><三文字(3)>
<三文字(4)> <三文字(5)> <三文字(6)>
<三文字(7)>
 <三文字(8)> <三文字(9)>
<三文字(10)>


<二文字(1)> <二文字(2)>

 <一文字>

CONTENTS(目次)   漢語・字句一覧

   <お問合せ・ご要望>
------------------------------------------

にほんブログ村 美術ブログ 書・書道へ


V3020V4620 

« 三文字 ( 4 ) | トップページ | 三文字 ( 2 ) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/132709/30532372

この記事へのトラックバック一覧です: 三文字 ( 3 ):

« 三文字 ( 4 ) | トップページ | 三文字 ( 2 ) »