« 四文字(12) | トップページ | 四文字(10) »

四文字(11)

10
◇◇◇◇◇◇にほんブログ村 美術ブログ 書・書道へ◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇ 
<四文字 (11) 目次 >    本コーナーの漢語

501韋編三絶     502鄰笛之聲     503良禽択木
504藍田生玉     505分間布白     506瓶凍知寒
507与世推移     508楽観其深     509雪引詩情
510鳥声更多     511石痩崖枯     512萬古千秋
513日月入懐     514燕雀相賀     515空山雪墜
516蘆萩無花     517白雁霜信     518獨坐対月
519水天一色     520一葉飄零     521碧山過雨
522北窓下臥     523樹木方盛     524千里鶯啼
525春山如笑     526寒梅着花     527山濃谷艶
528澗水無聲     529雨香雲淡     530燕雁代飛
531多岐亡羊     532峰巒起伏     533莫見乎隠
534自浄其意     535指天射魚     536巣林一枝
537亢龍有悔     538五風十雨     539山溜穿石
540川渟岳峙     541坐久成労     542烏臼屈棒
543氷魚霜鶴     544万法帰一     545懸河之弁
546不立文字     547夏炉冬扇     548一炷炉香
549左右逢源     550得兎忘蹄
--------------------------------------------
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



      四文字  (11)



■501 韋編三絶」(いへんさんぜつ)
なめし皮のとじ糸が何度も切れること。竹簡を綴じている糸が何度も切れるほどに読書に熱中していること。孔子の故事による。【史記、孔子世家・】

Zm_3





■502鄰笛之聲」(りんてきのこえ)
隣家の人が吹く笛の音のこと。古い住居を思うこと、昔を追憶するなどの意。昔の旧宅から聞こえる笛の音から懐旧の念が湧いたという故事にちなむ。【文選・】
Zm





■503良禽択木」(りょうきんはきをえらぶ)
優れた鳥は適切な樹を選んで棲むように、賢人は立派な君主を選んで仕える。環境や職業の選択は大切であるの意。【左傳・】

Zm_2






■504藍田生玉」(らんでんぎょくをしょうず)
長安にある藍田山が玉を産出するように名門の家からは賢い子弟が生まれ出るものだ。(優秀な諸葛恪に対する呉王孫権の賛辞)【三国志・漢魏六朝】
Me504








■505分間布白」(ぶんかんふはく)
字画の空間をほどよく空けることにより、自然で平穏なものとなり文字の構成が理想的になるのです。【王義之・漢魏六朝】
Zm





■506瓶凍知寒」(かめこおってかんをしる)
瓶の水が凍るのを見ると、寒い時候が訪れて来るのが予知できます。一部分を見分すれば全体を予見できることの例えとなる。【魏書・漢魏六朝】
Zm_2





■507与世推移」(よとすいいす)
世の流れに従って、成り行きに身をまかせること。清廉潔白で俗世と交わらない(心を解放しない)よりも、成り行きに任せるべきだとの教え。【楚辞・文選】
Zm




■508楽観其深」(がくはそのふかきをみる)
音楽によって、奥深い人間社会の真理を会得できるものです。【礼記・】
Zm_2




■509雪引詩情」(ゆきしじょうをひく)
心に染み入る雪の風情は、詩情(歌心)を湧き上がらせます。【白居易・唐】
Zm_3





■510鳥声更多」(ちょうせいさらにおおし)
寒さが厳しい冬の明け方には、鳥の鳴き声がしだいに多く聞こえてきます。冬の暁の風情です。【白居易・唐】
Zm_3





■511石痩崖枯」(いしやせがけかる)冬になると谷間の石は乾いて崖は枯渇してくる。この様が本当の姿であり、谷川の水が満ちて木々が繁殖しているのは仮の姿なのです。人生における真の姿も年老いてからが本当の姿なのです。【菜根譚・明】
Zm_4





■512萬古千秋」(ばんこせんしゅう)
大昔より何時の世もかわりなく永遠の秋がくり返されます。末永く久しく永遠であれとの願望をうたっています。【沈佺期・唐】
Zmbb





■513日月入懐」(にちげつふところにいる)
呉の孫堅夫人が懐に日月が入る夢を見て身ごもったという故事から、英傑の生まれ出る瑞祥を指す。明朗なる有様の形容にも使われる。【三国志、世説新語・漢魏六朝】
Zm





■514燕雀相賀」(えんじゃくあいがす)
人家に巣をつくる燕や雀が共に祝賀の意を表してくれることから、建物の落成に使われる祝い言葉。【淮南子・漢魏六朝】
Zm





■515空山雪墜」(くうざんゆきおつ)
人気のない静寂な山に、雪が降り積もっています。雪の降り積もる静寂な山の情景が想像されます。【袁枚・清】
Me515








■516蘆萩無花」(ろてきにはななし)
蘆(穂がでていない葦)や萩(おぎ)などの水草の花は散ってしまいました。川岸の秋の風情を詠っている。【王士禛・清】
Me516








■517白雁霜信」(はくがんそうしん)
秋が深まって寒い冬の到来を知らせるのが白い雁の飛来なのです。白雁の飛来とともに霜が降りるようになり寒い季節がやってきます。【古今詞話・】
Zm





■518獨坐対月」(ひとりざしてつきにたいす)
静かに座って一人月を眺めています。煩わしいことも時の経つのも忘れて、悠然として秋の爽やかな月に対している様子が想像できます。【蘇瞬欽・宋】
Zm





■519水天一色」(すいてんいっしょく)
海の水と空が水平線で同じ青さで一つづきに連なって見えています。広大な大河の広がりが想像される秋の風景です。【廬佱・唐】
Zm




■520一葉飄零」(いちようひょうれいす)
木の葉が風に吹かれてひらひらと舞い落ちています。秋の深まりと共に落葉樹に残る葉が物寂しげに舞い落ちている風景の描写です。【淮南子・漢魏六朝】
Zm_2




■521碧山過雨」(へきざんあめをすぐ)
青々とした山に夕立が過ぎてゆきます。夕立の後には澄み切った素晴しい空があらわれ、鮮やかで涼しい山の情景が浮かびます。【袁士元・元】
Zm_3




■522北窓下臥」(ほくそうのしたにふす)
北向きの窓の下でゆったりと昼寝をしています。涼しい風が吹く窓の下でしょう。悠々とした楽しい一時の隠遁生活を詠っています。【陶潜・漢魏六朝】
Zm_4





■523樹木方盛」(じゅもくまさにさかんなり)
夏が到来して、樹木が盛んに茂っている様子。盛夏の情景の一つ。【礼記・】
Me523








■524千里鶯啼」(せんりうぐいすなく)
見渡す限り広々と連なる平野のあちこちで鶯が啼いています。明るい農村の春の風景を詠っている。杜牧の代表作『江南春』の冒頭句【杜牧・唐】
Zm





■525春山如笑」(しゅんざんわらうがごとし)
春の山が笑っているように見えます。穏やかな春山の景色が想像できます。【郭熙・宋】
Zm_2





■526寒梅着花」(かんばいはなをつく)
梅は1~2輪の花を開かせた頃です。早春の情景。故里から来た人に「家を出られた時には寒梅は花をつけていたでしょうね」と尋ねる。【王維・唐】
Me526








■527山濃谷艶」(やまこくたにつややかなり)
山の緑は青々として濃く、谷間には艶やかに花が咲き誇っています。暮春の情景から自然の変化を詠っている。【菜根譚・明】
Zm_2





■528澗水無聲」(かんすいこえなし)
谷川の水は音を立てないで流れています。鍾山の春の景色を詠ったものです。竹林をめぐって流れてゆく~と続きます。【王安石・宋】
Zm_3





■529雨香雲淡」(あめかんばしくくもあわし)
雨はよい香りを含んで降っており、うっすらとたなびくように雲が流れています。【元稹・唐】
Zm_7





■530燕雁代飛」(えんがんかわりとぶ)
春になると燕は南から飛来して、代わって雁は北に飛び去ってゆく。夫々に鳥たちが去来するように季節が変わって自然の摂理を知るのです。【淮南子・漢魏六朝】
Zm_9





■531多岐亡羊」(たきぼうよう)
逃げ出した羊を追いかけて探したが、分かれ道が多くて見失ったという故事。学問も多方面に渡って広げると、抹消に惑わされて真理を見失うことの例えです。【列子・春秋/戦国】
Zm_10





■532峰巒起伏」(ほうらんのきふく)
山の峰のように(高低、盛衰などの)起伏があること。用筆の一種であり、起筆~収筆を山の連なりに例えた語意である。【張懐瓘「用筆十法」・唐】
Zm




■533莫見乎隠」(かくれたるよりあらわるるはなし)
隠れているものほど表に現れやすいものです。一人で居る時ほど、慎重な行動とるようにするべきです。【中庸・春秋戦国】
Me533







■534自浄其意」(じじょうごい=みずからそのいをきよくする)
一切の煩悩や妄想を打ち砕いて、心を清らかにして物事を始めるべきだとの教えである。修行をしたり、念仏の唱和、座禅を組むなども清浄な心を保つためである。【法句経「七仏通誡偈」・】
Zm_3





■535指天射魚」(てんをさしてうおをいる)
天に向かって弓を射っても魚を捕まえることは出来ません。手段方法を誤れば目的は達成できない。見当はずれの努力は無駄になります。天下を治めるのにも適切な才能ある人物が求められる。【説苑・漢魏六朝】
Zm





■536巣林一枝」(そうりんいっし)
鷦鷯(しょうりょう:みそさざい)の巣は大木の一本の枝に過ぎないのです。慎ましい生活に満足して、分を超えたものを求めないことです。【荘子・春秋戦国】
Zm_2





■537亢龍有悔」(こうりゅうくいあり)
龍もあまり天高く登りすぎると後戻りできないで後悔します。最高の地位についても退く時期を誤って失敗すること。利欲を追いかけすぎると後悔するものです。【易経、史記・】
Zm_3





■538五風十雨」(ごふうじゅうう)
五日に一度爽やかな風が吹き、十日に一度適度な雨が降る。気候が順調であること。世の中が平和であることの例え。【論衡・漢魏六朝】
Zm





■539山溜穿石」(さんりゅういしをうがつ)
山からしたたり落ちる水滴が固い石を穿って穴をあけている。困難なことでもあきらめずに長く継続して行っていれば遂行できます。【説苑・漢魏六朝】
Zm





■540川渟岳峙」(かわのごとくとどまり、やまのごとくそびえる)
川の淵のように動かずに、山のように堂々と聳え立っていること。どのような時にも毅然として、意志や節操を守ること。【晋書・春秋戦国】
Zm_3





■541坐久成労」(ざきゅうじょうろう=ざひさしゅうしてろうをなす)
長く座っていたのでくたびれた~座禅を長時間していて疲れを感じた。厳しい求道後の達成感、疲労感を表している。【碧巌録・宋】
Zm





■542烏臼屈棒」(うきゅうのくつぼう)
打たれる理由のない棒。やらなくともよい余計なことの例え。烏臼和尚の所へ来た僧を理由もなく棒で打ったので、和尚を打ち返したという故事に基ずく。【碧巌録・宋】
Me542







■543氷魚霜鶴」(ひょうぎょそうかく)
氷に閉ざされた鮎の稚魚と、霜の日に降り立った鶴。いずれも寒い冬の風物詩である。氷魚とは「ひうお、ひお」と呼ばれ半透明の鮎の稚魚のこと。【鮑照・漢魏六朝】
Me543







■544萬法歸一」(まんぽういつにきす)
森羅万象の全てのものは、絶対的な一つの真理に帰着するのです。起居動作のすべてが絶対の一に帰し、それが現象として万法の上に現れるのです。【碧巌録・宋】
Zm_2





■545懸河之弁」(けんがのべん)
流れる河のように弁舌爽やかに知恵の世界を説くこと。迷いが去り、悟りの境地に達した妙門の例え。【景徳傳燈禄・唐】
Zm




■546不立文字」(ふりゅうもんじ)
真理は文字で表現できないのです。真実の世界は知性や概念を越えたものだから、見聞だけでは不十分であり経験を通して無言の声が聞こえてくるのです【無門関・宋】
Zm_2





■547夏炉冬扇」(かろとうせん)
夏のいろりと冬のうちわはどちらも無用のものです。役立たずの才能や言論、季節はずれのもの などの例えです。【論衡・漢魏六朝】
Zm





■548一炷炉香」(いっしゅのろこう)
ひとかがりの香を炉でたくと良い薫りがします。これら香の薫りと共に、詩書を好む環境が育まれるのです。【郭煕・宋】
Zm_2




■549左右逢源」(さゆうみなもとにあう)
左右上下いずれの世界も源は同一である。見聞するもの日常の行為全ては仏の成すところであり、淵源は同じなのです。【虚堂録・宋】
Zm_3





■550得兎忘蹄」(うさぎをえてていをわする)
兎を捕まえたら、ワナのことを忘れてしまう。「得魚忘筌」と同義。常に原因・根幹を忘れるなとのいましめ。【大珠慧海・唐】
Zm






     四文字(11) 終了


次の文字種をクリックして、お好みの場所へお入り下さい。

<六文字(1)>


<五文字(1)> <五文字(2)><五文字(3)>
<五文字(4)>   <五文字 (5)> <五文字 (6)>
<五文字(7)>  <五文字(8)> <五文字(9)>
<五文字(10)> <五文字(11)>  <五文字(12)>
<五文字(13)> <五文字(14)> <五文字(15)>
<五文字(16)> <五文字(17)> <五文字(18)>
<五文字(19)>

<四文字(1)>
 <四文字(2)> <四文字(3)>
<四文字(4)>
 <四文字 (5)> <四文字 (6)>
<四文字(7)> <四文字(8)> <四文字(9)>
<四文字(10)> <四文字(11)><四文字(12)>
<四文字(13)>  <四文字(14)> <四文字(15)>
<四文字(16)> <四文字(17)>

<三文字(1)> <三文字(2)><三文字(3)>
<三文字(4)> <三文字(5)> <三文字(6)>
<三文字(7)>
 <三文字(8)> <三文字(9)>
<三文字(10)>


<二文字(1)> <二文字(2)>

 <一文字>

CONTENTS(目次)   漢語・字句一覧

   <お問合せ・ご要望>
------------------------------------------

にほんブログ村 美術ブログ 書・書道へ

« 四文字(12) | トップページ | 四文字(10) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/132709/39177551

この記事へのトラックバック一覧です: 四文字(11):

« 四文字(12) | トップページ | 四文字(10) »