« 四文字(8) | トップページ | 四文字 (6) »

四文字(7)

Photo
◇◇◇◇◇◇◇◇にほんブログ村 美術ブログ 書・書道へ◇◇◇◇◇◇◇◇◇
 
   <四文字 (7) 目次 >    本コーナーの漢語


301歓笑盡娯     302降祉納祐     303惇徳秉義
304桃李争妍     305疎梅鎖春     306遐寿無極
307時雍道泰     308良庭散花     309景風扇物
310霜林雪岫     311沈李浮瓜     312身逸心曠
313風恬月朗     314治心保静     315為貞合義 
316心閑意適     317威能震敵     318手和筆調
319和平返淳     320祗修自勤     321忠亮篤誠
322展敬絜誠     323水遠山長     324仁愛恭倹
325景趣幽絶     326雲遊霞宿     327動静謹庸
328樂閒忘暄     329義在正我     330開帙抱琴
331清理警發     332以閑為楽     333閑情淡遠
334清貞可用     335心織筆耕     336見可而進
337為政清明     338著書得句     339政清人和
340履正修文     341霜砧月笛     342處静修閒
343剛徳正行     344惇信明義     345聰以知遠
346松涼健人     347眠雲聴泉     348江山清趣
349含經味道     350清正見知

--------------------------------------------
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



      四文字  (7)




■301歓笑盡娯=かんしょうごをつくす
笑い喜んであらん限りのたのしみをすること。【曹植・漢魏六朝】
Zm_12




■302
降祉納祐
=ちをくだしいうをいる
天が幸せを降して、人民の願いやたすけを受け入れること。【王沈・漢魏六朝】
Zm_11





■303
惇徳秉義
=とくをあつくしぎをとる
善行を厚く積みかさねて、義をとり守ってゆくこと。【蘇東坡・宋】
Zm_5







■304
桃李争妍
=とうりけんをあらそう
桃花や李花(すもも)が咲きそろって美しさを競っている様子。【貝守一・宋】
Zm_2




■305
疎梅鎖春
=そばいはるをとざす
梅花はまばらにしか咲いておらず、春はまだ浅いようです。【范石湖・宋】
Zm





■306
遐寿無極
=かじゅきわまりなし
限りない長寿のこと。「延壽萬歳」と同義。【阮藉・漢魏六朝】
Zm_8






■307
時雍道泰
=ときやわらぎみちやすし
平和な時世であれば、天下泰平な情勢となります。【魏徴・唐】
Me307





■308
良庭散花
=りょうていはなをさんず
美しい庭園に落花が散りばめられている様子。【蕭子範・漢魏六朝】
Zm_20






■309
景風扇物
=けいふうものをあおぐ
初夏の暖かい南風が万物を健全に育成している様子。【文帝・漢魏六朝】
Zm_19




■310
霜林雪岫
=そうりんせつしょう
霜におおわれた林や、雪のつもっている山々。いずれも寒々とした冬の情景。【朱長文・宋】
Zm_6





■311
沈李浮瓜
=ちんりふか
水に李を沈めて瓜を浮かべる「消夏」の様子をいう。【文帝・漢魏六朝】
Zm_9




■312
身逸心曠
=みいつなればこころむなし
身が逸樂であれば、心に煩いもなくてさわやかである。【邵康節・宋】
Zm_22




■313
風恬月朗
=ふうてんげつろう
風は穏やかになびいて月は明るく朗らかな様。風月を愛でることば。【世説・漢魏六朝】
Zm_21






■314
治心保静
=こころをおさめせいをたもつ
心が散り散りにならないようにして、静かさを守り保っている様。【司馬温公・宋】
Zm_7





■315
為貞合義
=ていをなせばぎにがっす
心を清めて正しいことをしていれば、自然に義に合うものです。【竇参・唐】
Zm_7






■316
心閑意適
=しんかんいてき
心を落ち着かせて静かな状態であれば、自然と愉快な心情になります。【孫過庭・唐】
Zm_5





■317
威能震敵
=いよくてきにふるう
その威光は優れており、敵をよく恐れさせている。【桓階・漢魏六朝】
Zm_8






■318
手和筆調
=てやわらぎふでととのう
手がこわばらないで初めて筆がよくととのって、よい書ができます。【虞世南・唐】
Zm_2






■319
和平返淳
=わへいじゅんにかえる
なごやかで穏やかな気持でいれば、真直な境地に立ち返ります。【睿宗・唐】
Zm_2






■320
祗修自勤
=つつしみをおさめみずからつとむ
何事においてもつつしみ修めて、懸命に努力して勤めること。【陶淵明・漢魏六朝】
Zm







■321
忠亮篤誠
=ちゅうりょうとくせい
忠実に至誠をもって対応すること。【武帝・漢魏六朝】
Zm_3





■322
展敬絜誠
=けいをのべまことをいさぎよくす
敬意をあらわして、誠意をつくすこと。【唐樂章・唐】
Zm_2





■323
水遠山長
=みずとおくやまながし
秋の遠景によく用いられる語句。【李遠・唐】
Z





■324
仁愛恭倹
=じんあいきょうけん
仁・愛・恭・倹の四つを大切にしよう。【陸贄・唐】
Zm_2






■325
景趣幽絶
=けいしゅゆうぜつ
此の上もない静かなる景色の趣である。【魏野・宋】
Z_3






■326
雲遊霞宿
=うんゆうかしゅく
雲に遊んで霞のある処に宿をとる。山水の景色を愛して遊びまわること。【李益之・唐】
Zm_2






■327
動静謹庸
=どうせいきんよう
動くこと、静かなること、謹み深いこと、和いであること。【秦観・宋】
Me327






■328
樂閒忘暄
=かんをたのしみけんをわする
清閑なることを楽しんで、喧騒なることは忘れる。【陳與義・宋】
Zm_3





■329
義在正我
=ぎはわれをただしくするにあり
自分自身を正しくするためにこそ義は存在するのです。【蘇洵・宋】
Zm_3





■330
開帙抱琴
=ちつをひらききんをいだく
書物を開いて見たり、琴を抱いて出かけたり弾じたりして楽しむこと。【陳方・元】
Zm_2





■331
清理警發
=せいりけいはつ
清い治め方をもって、いましめ引きおこすこと。【周弘・漢魏六朝】
Zm_4





■332
以閑為楽
=かんをもってたのしみとなす
塵外のような清閑なる境遇を楽しみとすること。【張山来・清】
Zm_5






■333
閑情淡遠
=かんじょうたんえん
情景は静かであり淡泊であるも浅はかではないのです。【徐観海・清】
Zm





■334
清貞可用
=せいていもちいるべし
清く正しいことを見定めてから物事を用いるべきです。【王叡・漢魏六朝】
Zm_3






■335
心織筆耕
=しんしょくひっこう
心に工夫をこらして筆をすすめて著作する。文士の心境をさしていう。【褚稼軒・明】
Zm_2






■336
見可而進
=かをみてすすむ
不可ではないことを確認してから初めて事を進めること。石橋を叩いて渡ると同義。【何偉・唐】
Zm_5






■337
為政清明
=まつりごとをなすせいめい
天下の政を司るには、清くして明らかであるべきです。【黄孚・漢魏六朝】
Zm_4







■338
著書得句
=しょをあらわしくをう
書物を著作して、その中より句を見つけ出した。【韓葑・清】
Zm







■339
政清人和
=まつりごときよければひとわす
政治が善良であるならば、天下の人心は和合します。【諸葛恢・漢魏六朝】
Zm







■340
履正修文
=せいをふみぶんをおさむ
まず正しいことをふまえてから、礼儀作法などの優美な事を修めてゆくこと。【傳体奕・漢魏六朝】
Me340







■341
霜砧月笛
=そうでんげつてき
霜のおりた清々しい夜に響くきぬたの音と、冴え渡る月に吹きすさぶ笛の音。【劉兼・唐】
Zm





■342
處静修閒
=せいにおりかんをおさむ
静かな境遇にいて、清閑なることを修養する。【黄久子・宋】
Zm







■343
剛徳正行
=ごうとくせいこう
徳が剛直であれば、行いも自然と正しくなります。【班固・漢魏六朝】
Zm_2






■344
惇信明義
=しんをあつくしぎをあきらかにす
まことを厚くしてこれを実にしてゆけば、義というものも明らかになります。【経書】
Zm_2






■345
聰以知遠
=そうもってとおきをしる
物事に聡明なれば、見てもいない遠方のことまでも知るようになる。【呂氏】
Zm






■346
松涼健人
=まつすずしくひとをけんにす
真夏でも松は深緑を保って人々の気持を涼しく健やかにさせます。【司空圖・唐】
Zm






■347
眠雲聴泉
=くもにねむりせんをきく
雲と共に臥して、流水の音を聞く。【張愈・漢魏六朝】
Zm_4







■348
江山清趣
=こうざんのせいしゅ
川や山の清らかなる趣。【周鼎・明】
Zm_2







■349
含經味道
=けいをふくみみちをあじわう
聖人の教えをしっかりとかみしめて、その道の深奥を求めてあじわう。【任昉・漢魏六朝】
Zm







■350
「清正見知」
=せいせいちをみる
清く正しいことを続けていれば、初めて知を見ることが出来るものです。【王及善・漢魏六朝】
Zm


 

     四文字(7) 終了


次の文字種をクリックして、お好みの場所へお入り下さい。

<六文字(1)>


<五文字(1)> <五文字(2)><五文字(3)>
<五文字(4)>   <五文字 (5)> <五文字 (6)>
<五文字(7)>  <五文字(8)> <五文字(9)>
<五文字(10)> <五文字(11)>  <五文字(12)>
<五文字(13)> <五文字(14)> <五文字(15)>
<五文字(16)> <五文字(17)> <五文字(18)>
<五文字(19)>

<四文字(1)>
 <四文字(2)> <四文字(3)>
<四文字(4)>
 <四文字 (5)> <四文字 (6)>
<四文字(7)> <四文字(8)> <四文字(9)>
<四文字(10)> <四文字(11)><四文字(12)>
<四文字(13)>  <四文字(14)> <四文字(15)>
<四文字(16)> <四文字(17)>

<三文字(1)> <三文字(2)><三文字(3)>
<三文字(4)> <三文字(5)> <三文字(6)>
<三文字(7)>
 <三文字(8)> <三文字(9)>
<三文字(10)>


<二文字(1)> <二文字(2)>

 <一文字>

CONTENTS(目次)   漢語・字句一覧

   <お問合せ・ご要望>
------------------------------------------

にほんブログ村 美術ブログ 書・書道へ

« 四文字(8) | トップページ | 四文字 (6) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/132709/47863727

この記事へのトラックバック一覧です: 四文字(7):

« 四文字(8) | トップページ | 四文字 (6) »