« 四文字(7) | トップページ | 四文字 (5) »

四文字 (6)

Sa

◇◇◇◇◇◇◇◇にほんブログ村 美術ブログ 書・書道へ◇◇◇◇◇◇◇◇◇
 
   <四文字 (6) 目次 >    本コーナーの漢語


251秋風過耳     252指鹿為馬     253懲羹吹韲
254射石為虎     255白駒過隙     256運水搬柴
257慶雲昌光     258深沈和平     259清寂養和
260祥風晃朗     261剛正直繩     262春和駘蕩
263天氣淸和     264閒思淸和     265心靜興長
266福祿正明     267蘭秀芝英     268冷淡生涯
269友月交風     270山容水態     271志慮忠純
272忍黙平直     273守命共時     274村情山趣
275勤謹和緩     276勇略忠義     277瑞色含春
278鳥歌花舞     279修徳立義     280乾坤純和
281登山臨水     282景氣和暢     283天涼人健
284重厚堅正     285精強博敏     286處物為義
287長厚清修     288千慮無惑     289廉恥禮譲
290靜以安人    291純孝至敬     292謙退廉謹
293幽意閑情     294佐靜添幽     295放情自娯
296花鳥装春     297威望特振     298逸情遠性
299節勁古松     300脱身幽討


--------------------------------------------
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



      四文字  (6)




■251秋風過耳=しゅうふう、みみをすぐ
秋風が耳のあたりをかすめた程度のこと。馬耳東風と同じ意味。【呉越春秋】
Zm_4





















■252
指鹿為馬
=しかをさしてうまとなす
無理を押し通す。また押し切られること。秦の始皇帝の死後、幼少の二世皇帝から帝位を奪い取ろうとする趙高が、鹿を献上してこれは馬ですと言い、反論する群臣がいるかどうかを探ったところ、趙高の威光におそれ反論する者はいなかったという逸話。何処かの書壇にもあったような話。【史記】
Zm


















■253
懲羹吹韲
=あつものにこりて、なますをふく
一度失敗したのにこりて、余計な用心をすることの例え。【楚辞】Zm






















■254
射石為虎
=いしをいて、とらとなす
草むらの石を見て、虎だと思って射たら、矢が突き刺さったという話。一念岩をも通すと道義。【史記・李将軍伝】
Zm_2





















■255
白駒過隙
=はくく、げきをすぐ
家の中から見ていると、白馬の通り過ぎるのが、ちらりと見えた。人生もアッという間に過ぎてしまうものです。【荘子】
Zm

















■256
運水搬柴
=うんすいはんさい
水を運び薪をはこぶ。道を修めることは高遠な哲理を学ぶことだけではないのです。【龐居士伝】
Zz_2
















■257
慶雲昌光
=けいうんしょうこう
めでたい雲、美しい日光。【陳子昻・唐】
Zm_4






















■258
深沈和平
=しんちんわへい
落ち着いていてあわてず、心和ぎておだやかである。【陳白沙・明】
Zm






■259清寂養和=せいせきわをやしなう
ひっそりと静かにして、和やかな気分を養う。【秧放・漢魏六朝】
Me259








■260
祥風晃朗
=しょうふうこうろう
めでたい風が明朗に吹き渡っている。【江總・漢魏六朝】
Zm





■261
剛正直繩
=ごうせいちょくじょう
つよく正しくして、尚且つ墨縄のように真っ直ぐなのです。【王隠・漢魏六朝】
Zm_3








■262
春和駘蕩
=しゅんわたいとう
春の時候が和暖にしてのびやかな様子。
【古樂府・漢魏六朝】
Zm






■263
天氣淸和
=てんきせいわ
天気が良くて清らかでおだやかである。
【張協・漢魏六朝】
Zm






■264
閒思淸和=かんしせいわ
しずかな思いに清らかに和いでいること。【方鵬・清】
Zm









■265
心靜興長
=こころしずかにきょうながし
心は静かであり、興味は深いのです。【張輅・元】
Zm_5






■266
福祿正明
=ふくろくせいめい
幸いは正大公明であり、故なくしては至らないのである。【漢鑑銘・漢魏六朝】
Zm_2








■267
蘭秀芝英
=らんしゅうしえい
蘭は秀でており芝生は盛んで優れている。めでたいことに用いられる。【左思・漢魏六朝】
Zm






■268
冷淡生涯
=れいたんせいがい
あっさりとして執着心がない身の上のこと。【黄敏求・清】
Zm_2








■269
友月交風
=つきをともとしかぜにまじわる
風月をこよなく愛し親しんで、自然なる風流を楽しむこと。【王績・唐】
Zm






■270
山容水態
=さんようすいたい
山々の風貌かたち、水の有様。山水のありさまを指していうことば。【元稹・唐】
Zm_2






■271
志慮忠純
=しりょちゅうじゅん
意思考慮すべてが忠をいちづに尽くすこと。【諸葛孔明・漢魏六朝】
Zm_3








■272
忍黙平直
=にんもくへいちょく
黙して耐えていれば、心が平静に正しくなります。【黄山谷・宋】
Zm








■273
守命共時
=めいをまもるにときとともにす
天命を守り保つには、時勢と共にしなければならない。【左傳】
Zm_2






■274
村情山趣
=そんじょうさんしゅ
村の風情と山の趣味。世俗をはなれた塵外の趣のこと。【段成式・唐】
Zm






■275
勤謹和緩
=きんきんわかん
つとめつつしみて、和してなごやかであること。【張観・宋】
Me275








■276
勇略忠義
=ゆうりゃくちゅうぎ
気性優れていて計略に長じており、忠義を立てることを喜ぶ。【韓世忠・宋】
Zm_12






■277
瑞色含春
=ずいしょくはるをふくむ
目出度い気配が春を帯びている。【楊巨源・唐】
Zm_13






■278
鳥歌花舞
=とりうたいはなまう
鳥鳴き花舞う春のうららかなる形容。【欧陽永叔・宋】
Zm_8








■279
修徳立義
=とくをおさめぎをたつ
善行をつみかさねて義を立てることを願う。【易経】
Zm_4






■280
乾坤純和
=けんこんじゅんわ
天地が和いでいること。【文帝・漢魏六朝】
Zm_9






■281
登山臨水
=やまにのぼりみずにのぞむ
山に登っては見晴らしの良い景色で目を楽しませて、水に臨んでは気持をなごませて情を喜ばせます。【~】
Me281









■282
景氣和暢
=けいきわちょう
春の景色がのどやかでなごんでいる。【王維・唐】
Zm_2







■283
天涼人健
=てんすずしひとすこやか
時候が涼しくなって、人々は自ずから元気が良い。【白楽天・唐】
Zm_14








■284
重厚堅正
=ちょうこうけんせい
重々しくて手厚く、堅くして正しい。【鄭珣瑜・唐】
Zm_13








■285
精強博敏
=せいきょうはくぶん
物事に精通して強く、且つ物事に広い知識があって賢いこと。【白楽天・唐】
Zm_2






■286
處物為義
=ものをしょするにぎをなす
物事をきりもりするには、何以て義を標準としなければなりません。【王守仁・明】
Zm_12









■287
長厚清修
=ちょうこうせいしゅう
深くて厚く、清らかに修めている。【趙抃・宋】
Zm_11






■288
千慮無惑
=せんりょまどうなし
千回も繰り返し多く考慮すれば、決して惑うことはありません。【孔平仲・宋】
Zm_15









■289
廉恥禮譲
=れんちれいじょう
いさぎよい心をもって恥を知り、人には礼儀をもって接して謙譲の態度である。【程明道・宋】
Zm_30






■290
靜以安人
=せいもってひとをやすんず
もの静かであることは人をして安んずるものである。【元結・唐】
Zm_3








■291純孝至敬=じゅんこうしけい
無上の孝養と無上の敬をつくすこと。【王縉・唐】
Zm_32









■292
謙退廉謹
=けんたいれんきん
人にへりくだって、清廉にしてつつしみがあること。【劉滋・唐】
Me292







■293
幽意閑情
=ゆういかんじょう
気持は幽玄であり、閑静なる心情である。【曹黄門・清】
Zm_31









■294
佐靜添幽
=せいをたすけゆうをそう
静閑にして幽玄なる雰囲気が表れていること。【劉兼・清】
Zm_2







■295
放情自娯
=じょうをほしいままにしみずからたのしむ
情懐を思うままにして、自ずから娯楽にふけっている様。【李白・唐】
Zm_2








■296
花鳥装春
=かちょうはるをよそおう
花咲き鳥鳴いて、春を美しく飾り立てている。【程嘉燧・明】
Zm_3







■297
威望特振
=いぼうとくにふるう
とりわけて、威光人望が盛んであること。【李絳・唐】
Zm_3









■298
逸情遠性
=いつじょうえんせい
放逸なる心情と高遠なる性質である。【漢逸氏傳・漢魏六朝】
Zm_10







■299
節勁古松
=せつはこしょうよりかたし
その節(気骨)は年を重ねて、青々とした古松よりも強くはげしいのです。【張説・唐】
Zm_3









■300
脱身幽討=みをだっしゆうとうす
我が身を俗界から離れて、景色の良い幽境の地を訪ねまわること。【杜子美・唐】
Zm







      
四文字(6) 終了


次の文字種をクリックして、お好みの場所へお入り下さい。

<六文字(1)>


<五文字(1)> <五文字(2)><五文字(3)>
<五文字(4)>   <五文字 (5)> <五文字 (6)>
<五文字(7)>  <五文字(8)> <五文字(9)>
<五文字(10)> <五文字(11)>  <五文字(12)>
<五文字(13)> <五文字(14)> <五文字(15)>
<五文字(16)> <五文字(17)> <五文字(18)>
<五文字(19)>

<四文字(1)>
 <四文字(2)> <四文字(3)>
<四文字(4)>
 <四文字 (5)> <四文字 (6)>
<四文字(7)> <四文字(8)> <四文字(9)>
<四文字(10)> <四文字(11)><四文字(12)>
<四文字(13)>  <四文字(14)> <四文字(15)>
<四文字(16)> <四文字(17)>

<三文字(1)> <三文字(2)><三文字(3)>
<三文字(4)> <三文字(5)> <三文字(6)>
<三文字(7)>
 <三文字(8)> <三文字(9)>
<三文字(10)>


<二文字(1)> <二文字(2)>

 <一文字>

CONTENTS(目次)   漢語・字句一覧

   <お問合せ・ご要望>
------------------------------------------

にほんブログ村 美術ブログ 書・書道へ

« 四文字(7) | トップページ | 四文字 (5) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/132709/47863723

この記事へのトラックバック一覧です: 四文字 (6):

« 四文字(7) | トップページ | 四文字 (5) »