« 五文字 (9 ) | トップページ | 五文字 (7 ) »

五文字 (8 )

888
◇◇◇◇◇◇にほんブログ村 美術ブログ 書・書道へ◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
    
    <五文字 (8)
目次> 本コーナーの漢語

351鳳律驚秋風     352老鶴萬里心     353雁唳風雲高
354木葉動秋聲     355龜上半欹蓮     356月到千家靜
357山意向秋多     358紅樹添秋色     359松間照新月
360孤鶴凌高天     361朱槿一籬花     362千峰紅葉村
363雁字寫秋雲     364野菊淡秋心     365雙星駕彩輪
366秋月照桐心     367瑤草三秋色     368秋色静中生
369煎茶竹送風     370天青雁外晴     371秋屋葉聲中
372細雨菊花天     373幽蘭一國香     374清秋竹露深
375讀書増意氣     376文章通政理     377秋色雁聲邊
378几硯琢磨心     379清風九霄鶴     380化成風偃草
381擧杯邀清光     382欣然與心會     383閒居幽事多
384委懐在琴書     385逍遙思慮閑     386静者殊閒安
387和顔既以暢     388晴窓静繙書     389境静意自適
390陶然方外樂     391味淡有眞樂     392心清即道機
393性靈閑似鶴     394閑禄是身榮     395翰墨伴清閒
396靜與世相忘     397寄傲樂無窮    398俛仰可娯心
399靜退儔淵明     400心逸忘事理

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

------------------------------------
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




 五文字(8)



■351 鳳律驚秋風ほうりつしゅうふうにおどろく
十二陰陽の律は秋の時効となり、秋の西風が吹いているのに驚かされます。【張文恭・漢魏六朝】
Me351






■352
老鶴萬里心」=ろうかくばんりのこころ
老いたる鶴は、猶も千里を飛ぶ心を持っている。自身に例えている。【杜子美・唐】

Zm






■353 雁唳風雲高 =かんなきふううんたかし
雁が鳴き渡って、吹く風も秋の空も高くなった。【孫綽・漢魏六朝】

Zm_2





■354 木葉動秋聲 =もくようしゅうせいをうごかす
木の葉は風に吹かれてサラサラと秋の声をひびかせている。【周弘・漢魏六朝】

Me354






■355 龜上半欹蓮 =かめのぼりなかばそばだのれん
亀が蓮の葉に這いのぼったので、その葉は半分傾いてしまった。【包佶・唐】
Zm_2




■356 月到千家靜 =つきはせんかにいたってしずか
秋の月は多くの家々をくまなく照らして静かである。【陳后山・宋】
Zm





■357 山意向秋多 =さんいあきにむかっておおし
山を愛でる情意は、秋になると尚更多くなるのです。【元好問・元】
Zm




■358 紅樹添秋色 =こうじゅしゅうしょくをそう
霜で紅葉した樹木が、秋の景色を一層面白くしている。【曹之謙・元】
Zm_2





■359 松間照新月  =しょうかんしんげつかがやく
青々とした松の間から、三日月が光り輝いている。【羌虬緑・清】
Zm_2





■360 孤鶴凌高天  =こかくこうてんをしのぐ
一羽の鶴が鳴きながら空高く舞い上がっている。【載聖芳・清】
Zm





■361 朱槿一籬花 =しゅきんいちりのはな
赤い花の木槿(むくげ)が垣根一面に美しく咲いている。【楊基・明】
Zm




■362 千峰紅葉村 =せんぽうこうようのむら
多くの峰々が紅葉の景色に包まれた村の上に聳えている。【藍智・明】
Zm_2





■363 雁字寫秋雲 (がんじしゅううんにうつす)
空高く飛ぶ雁の列が、文字を書いたようになって秋の雲に映っています。【李禎・明】
Zm





■364 野菊淡秋心 =やきくしゅうしんたんたり
野に咲く菊の花は、秋の心を映し出すかのように淡白な容姿です。【于宗英・清】
Zm_5






■365
雙星駕彩輪 =そうせいさいりんにがす
星空銀河に見える牽牛織女の二星は、あたかも美しい車に乗っているように思えます。【李調元・清】
Zm_3





■366
秋月照桐心
=しゅうげつどうしんをてらす
秋の月は清く冴えて、梧桐(=青桐・アオギリ)の心までも照らしているようです。【張道岸・清】
Zm





■367
瑤草三秋色
=ようそうさんしゅうのいろ
仙境に生ずるといわれる美しい草の色は、秋の三ヶ月間を通して飾り立てています。【歐大任・清】
Zm





■368 秋色静中生 =しゅうしょくせいちゅうにしょうず
秋の気配が静中から、音も香もなく漂い生じてきています。【呉士客・清】
Me368






■369 煎茶竹送風 =ちゃをいればたけかぜをおくる
茶を煎じていると、折から竹の間より涼風が吹いてきています。【郭鈺・元】
Zm





■370 天青雁外晴 =てんあおくがんがいにはる
秋の澄み切った空は晴れ渡り、天高く雁が飛びすぎて行く。【范石湖・宋】
Zm 







■371 秋屋葉聲中 =しゅうおくようせいのうち
秋にもなると、人家の周りで落葉の音がするようになります。【張宛丘・宋】
Zm_2





■372 細雨菊花天 =さいうきくかのてん
こまやかに降る秋の雨とともに、菊の花も咲きそろう時候となりました。【歐陽永叔・宋】
Me372







■373 幽蘭一國香 =ゆうらんいっこくのこう
幽境の地に咲きにおう蘭は、一国中の名花といえる。【元格・元】
Zm





■374 清秋竹露深 =せいしゅうちくろふかし
清らかな秋の時候になると、竹葉に降りる露は深々としてきます。【曹學佺・明】
Zm





■375 讀書増意氣 =しょをよめばいきをます
読書は得るところが多いし、意気も盛んに上ってきます。【戴石屏・宋】
Zm_2





■376 文章通政理 =ぶんしょうせいりにつうず
文章や詩賦を作ることは翰墨風流ばかりでなく、政治上の理にも通じているのです。【呉菜・元】
Me376








■377 秋色雁聲邊 =しゅうしょくがんせいのへん
秋の景色は、雁の鳴き渡る辺りで一層深まります。【歸子慕・明】
Zm





■378 几硯琢磨心 =きけんたくまのこころ
机も硯も勉学研究する心根を表しているのです。【薛李宣・宋】
Zm_2






■379
清風九霄鶴
=せいふうきゅうしょうのつる
清風が吹き渡る九天の高い所から鶴が鳴いています。【李良平・清】
Zm





■380 化成風偃草 =かせいかぜくさをふす
育て成長させることは、恰も風が草をなびかせるようである。【權徳興・唐】
Zm





■381 擧杯邀清光 =はいをあげてせいこうをむかう
酒杯を手にし、清らかな月光を迎えて酌み明かす。【沈石田・明】
Zm_3





■382 欣然與心會 =きんぜんとしてこころとかいす
最上に喜び、心から楽しんで会することこそいいものです。【孫観・宋】
Zm_3




■383
閒居幽事多
=かんきょゆうじおおし
世外に幽居していると、面白い風流なることが多いものです。【~・宋】
Zm_2





■384 委懐在琴書 =かいをまかすはきんしょにあり
我が心を楽しませるのは、琴を弾じたり読書をしている時なのです。【陶淵明・漢魏六朝】
Zm_2




■385
逍遙思慮閑
=しょうようしりょかんなり
心から幽閑なる思いで、ここかしこをぶらついています。【韋応物・唐】
Zm_4





■386 静者殊閒安 =せいじゃはことにかんあん
しとやかで静かな人は、とりわけ閑かに安らかである。【蔡希寂・唐】
Zm_3




■387
和顔既以暢
=わがんすでにもってのぶ
和やかなニコニコした顔でいることが、和平の気を広めているのです。【應徳璉・清】
Zm





■388 晴窓静繙書」 (せいそうしずかにしょをひもとく)
晴れた明るい窓の下で、心静かに読書をする。【章粲・宋】
Zm_2





■389
境静意自適
(きょうしずかにいじてき)
身辺が静かであるから自ずから気持ちも楽しくなります。【参寥・宋】
Zm_3





■390
陶然方外樂
(とうぜんほうがいのたのしみ)陶然とした心地よい気分で、世捨て人然とした楽しみを得る。【穆修・宋】
Zm





■391
味淡有眞樂
(あじわいたんにしんらくあり)
趣が淡白であれば、本当の楽しみを得ることができます。【道粲・宋】
Zm_4





■392
心清即道機
(こころきよきはすなわちどうき)
汚れもなく清らかなる心こそ、道の心に基づいているのです。【李俊民・元】
Zm_5





■393 性靈閑似鶴」 (せいれいかんにつるににたり)清閑な心であり、恰も鶴に似ているようだ。【李洞・宋】
Zm 






■394
閑禄是身榮」 (かんろくこれしんえい)捨扶持(すてぶち)は光栄なるものと思うべきである。【米元章・宋】
Zm_2





■395 翰墨伴清閒」 (かんぼくせいかんにともなう)筆や紙などの風流なことどもが清閑に伴うのである。【王銍・宋】
Zm_4





■396 靜與世相忘」 (せいよをあいわする)
静かな気持ちで心を塵外に置いているので、世事のごたごたを忘れている。【黄鎮成・元】
Zm





■397 寄傲樂無窮」 (きごうたのしみきわまりなし)
我が思いのままのことをしているので、楽しみも極まりないのです。【趙子昻・元】
Zm_3






■398
俛仰可娯心」 (ふぎょうこころをたのしますべし)
大地に臥せっても天を仰いでいても、常に心を楽しませている。【陳高・元】
Zm_4





■399 靜退儔淵明」 (せいたいえんめいにひとし)清閑な境遇にいて天真を養い楽しむこと、陶淵明の心境に似通っている。【何中・元】
Zm





■400 心逸忘事理」 (こころいつにじりをわする)
心をほしいままに逸脱していると、物事の理を忘れてしまうものです。【黄公望・元】
Zm_2




五文字(8) 終了



次の文字種をクリックして、お好みの場所へお入り下さい。

<六文字(1)>


<五文字(1)>
 <五文字(2)><五文字(3)>
<五文字(4)>   <五文字 (5)> <五文字 (6)>
<五文字(7)>  <五文字(8)> <五文字(9)>
<五文字(10)> <五文字(11)>  <五文字(12)>
<五文字(13)> <五文字(14)> <五文字(15)>
<五文字(16)> <五文字(17)> <五文字(18)>
<五文字(19)>

<四文字(1)>
 <四文字(2)> <四文字(3)>
<四文字(4)>
 <四文字 (5)> <四文字 (6)>
<四文字(7)>
 <四文字(8)> <四文字(9)>
<四文字(10)>
 <四文字(11)><四文字(12)>
<四文字(13)>
  <四文字(14)> <四文字(15)>
<四文字(16)>
 <四文字(17)>

<三文字(1)>
 <三文字(2)><三文字(3)>
<三文字(4)>
 <三文字(5)> <三文字(6)>
<三文字(7)>
 <三文字(8)> <三文字(9)>
<三文字(10)>


<二文字(1)>
 <二文字(2)>

 <一文字>

CONTENTS(目次)
  漢語・字句一覧

  <お問合せ・ご要望>
------------------------------------------

にほんブログ村 美術ブログ 書・書道へ


« 五文字 (9 ) | トップページ | 五文字 (7 ) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/132709/47863637

この記事へのトラックバック一覧です: 五文字 (8 ):

« 五文字 (9 ) | トップページ | 五文字 (7 ) »