« 四文字(13) | トップページ | 四文字(11) »

四文字(12)

Zm_2_2
◇◇◇◇◇◇◇にほんブログ村 美術ブログ 書・書道へ◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇ 
<四文字 (12) 目次 >    本コーナーの漢語

551空舟載月     552石上植蘭     553神駿亦備
554空拳黄葉     555古教照心     556霊苗無根
557坐井觀天     558黒山鬼窟     559洗足之誨
560心安如海     561得一望二     562塾境難忘
563當面蹉過     564直下承當     565寂然昭著
566藏身露影     567萬法本閑     568不萌之草
569夢幻伴子     570淸涼世界     571両彩一賽
572去死十分     573鹽貴米賤     574本文草料
575把茅蓋頭     576不鑚不穴     577月圓當戸 
578虚玄不犯    579當局者迷     580至人無夢
581受用不盡    582風行草偃     583傳消寄息
584莫錯用心    585速退速退     586巴鼻不著 
587末後一句    588忉々怛々     589畢竟空寂
590凡心具聖    591不入門者     592小根智人
593道得八成    594頭上安頭     595銅頭鉄額
596當軒大坐    597對牛彈琴     598鳥飛毛落
599大機大用    600東涌西没

--------------------------------------------
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



      四文字  (12)



■551 空舟載月」(くうしゅうにつきをのす)
からの舟に月を満載すること。舟中にあって月と同じ次元で無心になり切っている状態をさし、思慮分別を絶した悟りの世界を表す。【虚堂集=林泉従倫・宋】
Zm




■552石上植蘭」(せきじょうにらんをうえる)
石の上に蘭を植えても育たない。本末(上下)顛倒してはいけないという教え。「石上栽松」と同義~絶対境を示す。【玄桜奥竜・江戸時代】
Zm_2





■553神駿亦備」(しんしゅんもまたそなう)
誰でも皆、千里を駆け巡る名馬の素質が備わっているのです。その素質の在り処在り様に気付かせるのが師であり、厳しい修業が必要なのです。【従容録・宋】
Zm





■554空拳黄葉」(くうけんこうよう)
空拳なのに何かを握っているように見せたり、黄葉を黄金のごとく振舞って子供だましをすること。【臨済録・宋】
Zm




■555古教照心」(こきょうしょうしん)
仏典祖録を深く研究して、その内容に照らし鑑みて自己の向上に努力すること。【正方眼蔵・鎌倉】
Zm_2





■556霊苗無根」(れいみょうはこんなし)
瑞草とも例えられる優れた苗は、無限の親木になるのである。優れた仏祖の悟りは全ての根源となり、優れた法孫の元でもある。【趙州録・唐】
Zm






■557坐井觀天」(せいにいててんをみる)
井戸の中から天井をみつめることであり、自分の見識が狭いために身勝手な見解になっていること。「葦の髄から天井をのぞく」と同義【臨済録・宋】
Zm_5





■558黒山鬼窟」(こくざんのきくつ)
死人の座禅のことであり、常識的な思慮分別にとらわれて何もできない状態をさす。黒山は中国の地域の住所である。【慈覚大師/坐禅儀・平安時代】
Zm





■559
洗足之誨」(せんそくのおしえ)
定まった型から抜け出しなさいという教えである。洗足とは、やくざの世界から足を洗い堅気になること、または真面目になること。【圭峰宗密「教禅一致」・唐】
Zm_3





■560
心安如海」(こころやすきことうみのごとし)
河川を受け入れる大海のように心が広く穏やかであること。【従容録・宋】
Zm_2





■561
得一望二」(いちをえてにをのぞむ)
人の欲望は次から次へと出てきて困ったものです。「隴を得て蜀を望む」と同義。【従容録・宋】
Zm_5




■562塾境難忘」(じゅくきょうわすれがたし)
逆境になればなるほど、好転した時には幸福感がこの上なく忘れられないものとなります。【従容録・宋】
Zm





■563當面蹉過」(とうめんにしゃかする)
相対していても、心のへだたりがあれば大きな亀裂があるのと同じです。心あわざれば意思疎通は望めません。【従容録・宋】
Zm_3





■564直下承當」(じきげじょうとう)
飾らないありのままのものを我が物として、納得して受け入れること。【無門関・宋】
Zm_4






■565寂然昭著」(じゃくねんとしてしょうちょす)
大自然の因縁によるものは、静かではあるが明らかに現れてくるものです。【洞山録・唐】
Zm





■566藏身露影」(みをかくしてかげをあらわす)
欠点や悪事の一部を隠して全部を隠しているつもりの者。「頭隠して尻隠さず」と同義。【従容録・宋】
Zm_2





■567萬法本閑」(まんぽうもとのどかなり)
全ての現象・法則のもととなるのは、元々ゆったりとした静かなものなのです。【趙州録・唐】
Zm





■568不萌之草」(ふもうのくさ)
現在、未来を通じて時を経ても、萌え出ることのない草苗のこと。絶対的法則にもとずく真理をいう。【洞山録・唐】
Zm




■569夢幻伴子」(むげんのはんす)
当てにならない幻のような仲間のこと。【臨済録・宋】
Me569








■570淸涼世界」(しょうりょうのせかい)
世俗にまみれた凡夫根性では近づけないが、本来の姿に立ち返ってみれば、スッキリとした境地(世界観)になります。般若の智火ともいう。【洞山録・唐】
Zm_4




■571両彩一賽」(りょうさいいっさい)
彩は勝ち目であり、賽は勝負をすること。1回の勝負で2度の勝ちを得ること。【臨済録・宋】
Zm_5




■572去死十分」(きょしじゅうぶん)
死が目の前に来れば、死と一つになり徹底して生死の境界をつけず、じたばたしないことです。【洞山録・唐】
Zm_4





■573鹽貴米賤」(しおはたかくこめはやすし)
趙州禅師に尋ねた答え「専売の塩の値段は高く、農民の米は安い」による。説法は常に平易で当たり前なことを談ずる。【趙州録・唐】
Zm




■574本文草料」(ほんぶんのそうりょう)
牛馬を飼育する飼料のことから転じて、師家(指導者)が学人に与える鉄拳や一喝の親切心をさす。【大慧書・宋】
Zm_2

■575把茅蓋頭」(はぼうもてあたまをおおう)
洞山禅師への「悟りとは」に対する答え。「一握りの茅で屋根を全て葺きかえるようなもの」一口では説明できないということか、又は真実の悟りであれば広大であるとも理解できる。【洞山録・唐】
Zm_2






■576不鑚不穴」(さんせずけっせず)
障子の桟から出られず死んでゆく蜂にたとえて、世俗の枠にはまり込んで出るに出られず、穴を開けて脱出する気持ちもない人を憐れんだ言葉。【従容録・宋】
Zm






■577月圓當戸」(つきまどかにしてとにあたる)
丸い月も家に隠れていれば半月になるけど満月なのである。物事も半面だけで判断してはいけないことが多々あるという教え。【従容録・宋】
Mm




■578虚玄不犯」(こげんはおかさず)
仏祖が習得した玄妙なる道は、物事に差し障りをきたすことは全くありません。【洞山録・唐】
Mm_2





■579當局者迷」(きょくにあたるものはまよう)
囲碁や将棋の対局者は指し手に迷うが、傍観者のほうが良い判断指し手がわかるものだ。局外者は正当な判断ができやすい。【従容録・宋】
Mm




■580至人無夢」(しじんはゆめなし)
道の達人は物事の存在自体を夢と思っているから、期待感をもつ夢は持ちません。だから妄想することもありません。【大慧書・宋】
Mm_2




■581受用不盡」(じゅようふじん)
見聞味覚の欲望には限界があるものです。限度のないもの、それは大自然の理~明月・清風である【従容録・宋】
Mm_4 




■582風行草偃」(かぜふけばくさふす)
風吹けば草なびくように、悟道に優れた人は周囲の人を感銘させるものである。【従容録・宋】
Mm_5




■583傳消寄息」(しょうをつたえそくをよす)
他人の消息ばかりを伝える情報者になってはだめです。自己の本来の修業に専念するべきです。【従容録・宋】
Mmaa




■584莫錯用心」(ようじんをあやまることなかれ)
面目をつぶさないように、心づかいを誤らず気を配ること。【大珠慧海・唐】
Mm




■585速退速退」(しっついしっつい)
さっさと出てゆけ。そこのけそこのけ、の意【臨済録・宋】
Mm_2





■586巴鼻不著」(はびふじゃく)
掴まえ所がないこと。転じて、悟りの手がかりが得られないことの例えでもある。【大慧書・宋】
Mm_4





■587末後一句」(まつごのいっく)
仏道極妙の素晴しい境地を述べた一句のこと。臨終の一句という意味ではない。【葛藤語箋・江戸時代】
Mm_3







■588忉々怛々」(とうとうだつだつ)
憂い悲しい様子が尋常でなくはげしいこと。【大慧書・宋】
Mm




■589畢竟空寂」(ひっきょうくうじゃく)
いついかなる時にも、悟りの心を忘れずに静寂な境地を離れてはいけません。【大珠慧海・唐】
Mm_2



■590凡心具聖」(ぼんしんにもしょうをそなう)
凡夫の心の中においても、悟りに目覚める仏心を具えているのです。【金鞭指街・江戸時代】
Mm






■591不入門者」(もんにいらざるもの)
仏法の道理がまるで会得できない人。又は道理を知らない人を指す。【洞山録・唐】
Mm





■592小根智人」(しょうこんちのひと)
性根が定まらない性質の劣った人のこと。【六祖壇経・唐】
Mm_2




■593道得八成」(はちじょうをいいえたり)
言葉で言い表せることはせいぜい八割でしかないということ。【碧巌録・宋】
Mm_2






■594頭上安頭」 (ずじょうにずをあんず) 
頭の上に頭をのせるということで必要のない無駄なことをする、又は余分なものを付け加えると言う意味。【碧巌録・宋】
Mm





■595銅頭鉄額」(どうとうてつがく) 
銅の様な頭や鉄のごとき額の意から勇猛なる例え。刀や槍を通さない厚い甲冑、又はそれに身を包む兵士。いかめしい禅堂、禅門にも例えられる。【碧巌録・宋】
Mm




■596當軒大坐」(とうけんたいざ) 
軒先にどっかりと坐ること。【虚堂録・宋】
Mm_2






■597對牛彈琴」(うしにたいして、ことをだんず)
牛にいくら説いても効果がありません。「牛に経文」「馬の耳に念仏」と同義。【祖庭事苑・宋】
Mm_4





■598鳥飛毛落」(とりとべばけおつ)
魚が泳げば水は濁り、鳥が羽ばたけば毛が落ちるように、人の言動も 痕跡を残す。己の行いに自覚と責任を持つべきです。「魚行水濁鳥飛毛落」に基ずく。【碧巌録・宋】

Me598





■599東涌西没」(とうゆうさいもつ)
東で浮いたり西で沈んだり、水中で浮いたり沈んだり自由にこなせる水泳の名人のこと。行動が自由に千変万化しているさまをいう。【臨済録・宋】

Mm






■600大機大用」(だいきだいゆう)
チャンスをとらえて次の飛躍への大きな働きをすること。しかし日頃から努力をしてないと動機に裏付けられた行動=飛躍は望めません。【碧巌録・宋】

Mm_2







四文字(12) 終了


次の文字種をクリックして、お好みの場所へお入り下さい。

<六文字(1)>


<五文字(1)> <五文字(2)><五文字(3)>
<五文字(4)>   <五文字 (5)> <五文字 (6)>
<五文字(7)>  <五文字(8)> <五文字(9)>
<五文字(10)> <五文字(11)>  <五文字(12)>
<五文字(13)> <五文字(14)> <五文字(15)>
<五文字(16)> <五文字(17)> <五文字(18)>
<五文字(19)>

<四文字(1)>
 <四文字(2)> <四文字(3)>
<四文字(4)>
 <四文字 (5)> <四文字 (6)>
<四文字(7)> <四文字(8)> <四文字(9)>
<四文字(10)> <四文字(11)><四文字(12)>
<四文字(13)>  <四文字(14)> <四文字(15)>
<四文字(16)> <四文字(17)>

<三文字(1)> <三文字(2)><三文字(3)>
<三文字(4)> <三文字(5)> <三文字(6)>
<三文字(7)>
 <三文字(8)> <三文字(9)>
<三文字(10)>


<二文字(1)> <二文字(2)>

 <一文字>

CONTENTS(目次)   漢語・字句一覧

   <お問合せ・ご要望>
------------------------------------------

にほんブログ村 美術ブログ 書・書道へ

« 四文字(13) | トップページ | 四文字(11) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/132709/39689647

この記事へのトラックバック一覧です: 四文字(12):

« 四文字(13) | トップページ | 四文字(11) »