« 三文字 ( 3 ) | トップページ | 三文字 ( 1 ) »

三文字 ( 2 )

Photo_9
◇◇◇◇◇◇◇にほんブログ村 美術ブログ 書・書道へ◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

   <三文字 (2) 目次>  本コーナーの漢語
51景風清 52静中動 53不動心  54無量寿  55無一物 
56景雲飛 57鶯花海 58愛間静 59風景麗 60逢善風 
61臥雲伴 62常快活 63淡如雲 64求諸己 65曲則全 
66松竹梅 67喫茶去 68無味談 69無寒暑 70無眼界
71黒漆桶 72平常心 73百雑砕 74閑古錐 75一隻眼 
76放下著 77老婆心 78主人公 79真面目 80直而温 
81慶雲興 82徳潤身 83我忘吾 84同甘苦 85不遷怒 
86無宿諾 87黄梁夢 88常無欲 89慶維新 90無伐善 
91雲従龍 92徳不孤 93獅子吼 94天眼通 95柏葉壽
96能蔵拙 97祚無極 98尋真趣 99得大徹 100守破離
 
-------------------------------------------
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


     三文字(2)




■51  景風清=けいふうきよし
南方からさわやかに吹く風が涼しい。すがすがしい風に心を洗われること。【黄正色・明】
Me051






■52 
静中動 」=せいちゅうのどう
君子たる者は、澄み切った静寂の中にあっても、とっさの場合に行動できる活力をもっている。【菜根譚】

Me052







■53 
不動心 」=ふどうしん
何ものにも動かされることのない強い心。(動揺することのない精神)【孟子】

Me053







■54 
無量寿 」=むりょうじゅ
はかり知れない寿命。(長寿。 阿弥陀仏の異名)【武平一】
Za254




















■55 
無一物 」=むいちもつ
固定的実体をもつものは何も存在しないことであり、その道理を悟ることで認められる万物のあり方をいう。【六祖壇経・唐】
何一つ持っていない。(この世の一切の煩悩を離れた境地~あり得ない超現実的境地)【蘇東坡・宋】
Za255
























■56 
景雲飛=けいうんとぶ
縁起のよい(めでたい前兆の)雲が空に広がる。【傳玄・漢魏六朝】
Zm










■57 
鶯花海 」=おうかのうみ
鶯がさえずり、花が咲き乱れる春の情景が海のように広がる。(春爛漫のめでたい光景)
 
Me057







■58 
愛間静=あいかんせい
のどかで静かな境地を愛する。俗世間を離れ、自然の中で悠々自適の生活を楽しむのがよい。【陶潜・漢魏六朝】
Zm_2











■59 
風景麗 」=ふうけいうららかなり
風景がうららかで気持のよい様~天下泰平であること。Za259
 



















■60 逢善風
=ぜんふうにあう
追い風を受ける。物事が順調に運ぶことの例え。【後漢書・漢魏六朝】

Zm_8






■61 
臥雲伴 」=がうんのとも
山中に隠れて、雲にふす人々。隠者のなかま【白楽天】
Za261
















■62 
常快活=つねにかいかつ
屈託がなく、常に心地よい。【伝習録・明】
Zm_6










■63 
淡如雲=たんじょうん
空に浮かぶ白雲のように淡々としている。【杜牧・唐】
Zm_3







■64 
求諸己=これをおのれにもとむ
自分の身に起きた出来事に対して謙虚に受け止め、自身に責任を求めて反省しよう。「子曰、君子求諸己、小人求諸人」より。【論語】
Zm





■65 
曲則全 」=きょくなればすなわちまっとうし
曲がった木も樹齢を全うするように、人間も屈曲の妙を知らないといけない。【老子】
Re65











■66 松竹梅
Za266



















■67 
喫茶去 」=きっさこ
誰に対しても分け隔てなくお茶をすすめましょう。相手によって態度を変えることなく接するのが大切です。【趙州録
・唐
茶の湯では「お茶を召し上がれ」の意味で広く使われる。
本来の禅的解釈では、「お茶でも飲んで眼を覚ませ」という師から修行者への叱咤の言葉である。【碧巌録・宋】
Re67













■68 
無味談=むみのだん
一見無意味なようでも、大いに味わいのある意義が含まれているのがわからねばいけません。【碧巌録・宋】
Re68












■69 
無寒暑=むかんじょ
季節の暑さ寒さは順境、逆境ともとれます。無理に対立せず、肯定して受け入れれば自然と暑さ寒さも難儀なものと感じなくなります。寒い時は寒さに徹し、暑い時は暑さに徹する境地になることです。「暑さ寒さから逃げるにはどこがいいか」との問いに洞山禅師は「無寒暑処」と答えた。【碧巌録・宋】
Zm_12








■70 
無眼界=むげんかい
見えるものがなにもない世界【般若心経】
Zm_3








■71 
黒漆桶 」=こくしっつう
黒一色の漆塗りの桶を意味します。暗闇で見通しがきかないこと。混じりけのない(分け隔てない)同じ色の世界=絶対平等の境地とも解釈される。「漆桶」は煩悩・妄想の例えともされ、仏法について理解の鈍いものを非難する時に使われる。【碧巌録・宋】

Me071





■72 平常心
=びょうじょうしん
普段の心で日常の暮らしの中に努力してゆくことが大切です。努力は目標ではなく進んで行くことです。馬祖禅師「平常心是道」よりの引用。【無門関・宋】
Re72







■73 
百雑砕 」=ひゃくざつさい(ひゃくざつくだく)
粉微塵に打ち砕かれること。心中に浮かぶ百もの雑念を打ち砕いてゆきましょう。あれこれ考えずに一つことに集中すれば良い結果になるはずです。相手の誤った見解を粉々に砕いて、原点に返らせる言葉。妄想分別が砕け散った後の無一物の境地でもある。【碧巌録・宋】
Za273


















■74 
閑古錐 」=かんこすい
長く使い込んだ古い錐(きり)のように鋭い切れ味はなくとも、必要な目的を確実にこなせる年期が入っています。鋭い力はないが円熟した力を持つ禅の師。 「老古錐」と同義。【白隠禅師:毒語心経】  【永嘉玄覚禅師「証道歌」】
Za274
























■75 
一隻眼 」=いっせきげん
両目の上に縦についている一つの眼、つまり「心の眼」。本物がわかる真実を見通す眼です。仏教でいう「肉眼」「天眼」「彗眼」「法眼」「佛眼」の5つ全てを備えているのが一隻眼です。「一隻眼を持って正しい言葉を発すれば皆を救うことができる」と言われる。
【碧巌録  無門関の正法眼も同じ】
Za275





















■76 
放下著」=ほうげじゃく
「放下」とは、下に置くこと、捨てることであり、全ての執着を体から離してしまいなさいということ。お金、地位・名誉など掴んだものは放したくありません。そんなもの全てを捨ててみると、気持もまっさらに軽くなります。人生は旅のようなもの。荷物は軽いのがいいのです。「著」は強調する助詞、又はとどめること。「心中には不要なものは何も持っていない」と言う僧に対して「持っていないという考えも捨てろ」と趙州禅師は諭した。【五家正宗賛//「従容録」・宋】

Me076







■77 
老婆心」=ろうばしん
老婆のような親切心を無心の気持で行うことです。  【臨済録】
Za277


















■78 
主人公」=しゅじんこう
人間誰もが有している絶対的な主体。「本来の欲や汚れのない自分の姿」が「主人公」なのです。時々自分に問いただしてみましょう。瑞巌禅師は毎日自分自身に対して「主人公!」と呼びかけて返事をしてから行動を開始していたという。【無門関「瑞巌主人公」・宋】
Za278

















■79 真面目」=しんめんもく
Za279





























■80
直而温」=ちょくにしておん

率直で温和である。   【書經】
Za280














■81
慶雲興」=けいうんおこる

縁起がよい雲が空に湧き出ること。(慶雲)=好い事がある前触れの雲。  【潘岳 「在懐縣作」】
Za281




















■82
徳潤身」=とくはみをうるおす

徳行は人を立派にする。   【大学】Me082






■83
我忘吾」=我、我をわする。

自分を忘れるぐらい、思索にひたる。無念無想の境地。   【荘子】Za283


















■84
同甘苦」=かんくをおなじくす

苦楽をともにする。   【史記】Za284
























■85
不遷怒」=いかりをうつさず

怒りを他に移してはならない。  【論語】Za285
















■86
無宿諾」=だくをとどむることなし
一度引き受けたり約束したことは、ぐずぐずしないですぐに実行して後回しにしない。【論語】
Zm_7








■87 黄梁夢」=こうりょうのゆめ
飯を炊く間のはかない夢。黄梁=あわの一種。  【枕中記】Za287

















■88
常無欲
=じょうむよく
心に欲がなく純粋であれば、万物の根源のあり方を認知できる。欲にとらわれると、物事の末端現象のみに心を奪われてしまう。【老子】
Zm_2






■89 慶維新」=いしんをよろこぶ
すべてが改まり新しくなることを喜ぶ。Za289

























■90
無伐善=ぜんをほこることなし。
自らの功績を誇ってはいけません。「~無施労(苦労なことは自ら行い人に押し付けず)」と続きます。【論語】
Me090





■91
雲従龍
=くもは りゅうにしたがう
龍は雲を呼び起こして現れる。聖君が現れる時は、これを助ける賢人が出てきて援護すらものであるとの例え。「雲従龍 風従虎」より。   【易経】
Photo_3 









■92
徳不孤」=とくはこならず

徳行のある人は孤立することなく人々が慕ってくる。論語にある「徳不孤 必有隣」(徳ある人格者は孤独になることなく、同志の人達が周囲に集まってくる)との孔子の言葉による。  【論語//黄色龍四家語録/通玄百問】Za292















■93
獅子吼」=ししく

獅子のように大きな声で仏法を説くこと。何事もおそれないこと。異教徒を怖れさせ多くの獣を震え上がらせるのに例えたもの。【維摩経】 【伝燈録・唐】Za293




























■94
天眼通」=てんげんつう

事柄を見通すことの出来る力。六神通(六つの神通力)のひとつ。【道元】Za294


























■95
 柏葉寿=はくようのじゅ
柏の葉は一年中緑を保つことから、長寿のことをさす。「松柏壽」と同義。 【武平一・唐】
Zm_7




■96
能蔵拙=のうぞうせつ
拙をうまく取り入れる。巧みなことより拙さがあるほうがよい。【羅隱・唐】
Zm_6



■97
祚無極」=そにきわまりなし

幸いに限りがないこと。  【昭徳皇后】Za297

















■98
尋真趣
=しんしゅをたずぬ
真のおもしろさや味わいを求めること。 【佻察・~】
Me098




■99 得大徹=だいてつをえる
おおいなる悟りを得ること。 【雲棲袾宏・明】
Zm_14





■100 守破離
=しゅはり
最初は師の教えを守り、自分の個性を創造したのちに、師から離れて自立すること。 【川上不白】Za300





















   三文字(2) 終了

次の文字種をクリックして、お好みの場所へお入り下さい。

<六文字(1)>


<五文字(1)> <五文字(2)><五文字(3)>
<五文字(4)>   <五文字 (5)> <五文字 (6)>
<五文字(7)>  <五文字(8)> <五文字(9)>
<五文字(10)> <五文字(11)>  <五文字(12)>
<五文字(13)> <五文字(14)> <五文字(15)>
<五文字(16)> <五文字(17)> <五文字(18)>
<五文字(19)>

<四文字(1)>
 <四文字(2)> <四文字(3)>
<四文字(4)>
 <四文字 (5)> <四文字 (6)>
<四文字(7)> <四文字(8)> <四文字(9)>
<四文字(10)> <四文字(11)><四文字(12)>
<四文字(13)>  <四文字(14)> <四文字(15)>
<四文字(16)> <四文字(17)>

<三文字(1)> <三文字(2)><三文字(3)>
<三文字(4)> <三文字(5)> <三文字(6)>
<三文字(7)>
 <三文字(8)> <三文字(9)>
<三文字(10)>


<二文字(1)> <二文字(2)>

 <一文字>

CONTENTS(目次)   漢語・字句一覧

   <お問合せ・ご要望>
------------------------------------------

にほんブログ村 美術ブログ 書・書道へ

V3530V3930

« 三文字 ( 3 ) | トップページ | 三文字 ( 1 ) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/132709/29871258

この記事へのトラックバック一覧です: 三文字 ( 2 ):

« 三文字 ( 3 ) | トップページ | 三文字 ( 1 ) »