« 三文字 ( 1 ) | トップページ | 四文字(16) »

四文字(17)

417titol
◇◇◇◇◇◇◇にほんブログ村 美術ブログ 書・書道へ◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇ 
<四文字 (17) 目次 >    本コーナーの漢語

801泥多仏大     802泥牛吼月     803無寒暑処
804通貫十方     805担雪填井     806臘月扇子
807鷺鶿立雪     808本来面目     809唯我独尊
810天高海濶     811木馬嘶風     812明月清風
813唯嫌揀択     814遊戯三昧     815毛呑巨海
816一日不食     817五日一石     818従吾所好
819絶聖棄智     820大功若拙

--------------------------------------------
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



 四文字(17)



■801泥多仏大」(どろおおければほとけだいなり)
材料となる粘土が多ければ、作られる仏像は自ずと大きくなる。迷妄の中にある衆生が多ければ、それを教化する力はたくさん発揮される。弟子を導く際に用いられる、師の臨機応変の力量をさす。【碧巌録・宋】
Mm801





■802泥牛吼月」(でいぎゅうつきにほゆ)
泥で作られた牛が月に向って吼える。思慮分別を超えたはたらきをいう。前句に「木馬嘶風~」(木の馬が風にいなないている)がつく。「泥牛」は立春の前に豊作を祈って作られる儀式用の粘土牛である。【通玄百問・元】
Mm802





■803無寒暑処」(むかんじょのところ)
暑くも寒くもないところ。「寒暑を避けるにはどうしたらよいか」との問いに対する洞山禅師の答えは「無寒暑処」。それは「寒い時にはとことん冷え切り、暑い時にはとことんうだる」ところにあるとのこと。【碧巌録・宋】
Mm803





■804通貫十方」(じっぽうにつうかんす)
すべての場所を貫いており、あまねく広がっていること。臨済録に記述される「心法は形無くして十方に通貫す」に基ずく語句である。【臨済録・宋】
Mm804





■805担雪填井」(ゆきをにないてせいをうずむ)雪を運んできて井戸を埋めることであり、無駄なこと。転じて、無駄な努力を敢えてすることの尊さであり、結果を考えず目の前の任務にわき目もふらずに取り組むこと。菩薩の慈悲行のあり方でもある。【毒語心経・江戸時代】
Mm805







■806臘月扇子」(ろうげつのせんす)
真冬の扇子であり、無用なもの、役に立たないものの例えである。転じて、何らのはたらきかけも受けないで、あるがままに過す悠々自適の境地。【人天眼目・宋】
Mm806






■807鷺鶿立雪」(ろじゆきにたつ)
白鷺が雪の上に立てば、白色の中に白色が収まって渾然一体となるが、それぞれは明確に異種のものであり区別される。同中に異があり、異中に同があること。同様の表現に「明月芦花」「白馬入芦花」「銀盌盛雪」などがある。【大慧語録・宋】
Mm807






■808本来面目」(ほんらいのめんもく)
本来具えている真実の姿。それは何もかも全て除き去ったところに残る、純粋な自己である。「父母未生已然本来面目」(両親が存在する前にある本来のあなたの姿)という表現で禅語録に見られる。「本地風光」「本分田地」なども同義。【無門関・宋】
Mm808






■809唯我独尊」(ゆいがどくそん)
釈尊がルンビニー園に降誕した時、七歩進んでから唱えたとされる誕生偈「天上天下唯我独尊」(すべての世界において私が最も優れている)に基ずく。自分を生きとし生けるものの代表として、全ての命あるものが尊い存在であることを表明している。【碧巌録・宋】
Mm809






■810天高海濶」(てんたかくうみひろし)
天は高く海は広い。ありのままの尊い姿を称えた言葉。全てを受け入れる天の高さと海の広さを強調して、人の徳の高さ、力量の素晴しさを示している。「天高群像正 海濶百川朝」に基ずく語句である。【人天眼目・宋】
Mm810






■811木馬嘶風」(もくばかぜにいななく)
木の馬が風に向っていなないている。分別心を超越したところに現れる自由なはたらきの象徴。「泥牛吼月」と対句をなす。「木馬火中嘶」「木馬飛上天」などの同義語句あり。【続古尊宿語録要・明】
Mm811






■812明月清風」(めいげつせいふう)
明るい月と清々しい風であり、これらの爽快な風物に一切のとらわれがない解脱の境地・悟りの世界の快さが象徴されている。「清風払明月 明月払清風」「青山緑水元依旧 明月清風共一家」からの引用語句。【碧巌録・宋】
Mm812






■813唯嫌揀択」(ただけんじゃくをきらう)
選り好みさえしなければよいのですの意。「信心銘」冒頭の語句であり、前句に「至道無難」(究極の真理といっても特別難しいことはない)がつく。悟りの世界は身近にあるのに、人々が好き嫌いや選り好みをすることで遠ざけているのですの意。【信心銘・漢魏六朝】
Mm813






■814遊戯三昧」(ゆげざんまい)
無心に遊んでいる時のような、とらわれや曇りのない自由奔放な境地に至り、それに集中すること。【無門関・宋】
Mm814






■815毛呑巨海」(けこかいをのむ)
一本の毛が大海を飲み込んでしまう。「無」に徹しきることで大小高低などの対立が断ち切られ、自在の境地が現れることを表している。「芥納須弥」(小さな芥子粒の中に、世界の中心に聳え立つ須弥山を入れる)と対句をなす。【臨済録・宋】
Mm815






■816一日不食」(いちにちくらわず)
前句に「一日不作」がつき、一日作さざれば一日食らわずである。「なすべきつとめ(修行)も果たしていないと食事ものどを通らない」という意味です。作務を重んじる禅寺では、百丈禅師のこの言葉が受け継がれています。【伝灯録/百丈懐海禅師・唐】
Mm816






■817五日一石」(いつかにいっせき)
五日かかって一石を描き、十日かかって一水を描く。画伯の苦心を表す語句。【杜甫句・唐】
Mm817






■818従吾所好」(わがこのむところにしたがう)
自分が好きなこと(道)をまっしぐらに進みなさい。万難を排して好きなことをしていれば、活力もでてきます。でも「君子は食飽を求めず・」といいますから、好き放題飲食するのは控えましょう。【論語・】
Mm818






■819絶聖棄智」(せいをたちちをすつ)
仁義と智慧などの粉飾されたものは捨ててこそ、始めて民利は百倍するのである。大道がすたれると仁義が残り、智慧がはびこると大偽が万延します。【老子・】
Mm819






■820大功若拙」(たいこうはせつなるがごとし)
真の巧妙は小細工を用いないので、俗眼にはかえってつたないように見えるものだ。【老子・】
Mm820





■821











   四文字(17) 終了


次の文字種をクリックして、お好みの場所へお入り下さい。

<五文字(1)> <五文字(2)> <五文字(3)>
<五文字(4)>   <五文字 (5)> <五文字 (6) >
<五文字(7)>  <五文字(8)>   <五文字(9)>
<五文字(10)> <五文字(11)>  <五文字(12)>
<五文字(13)> <五文字(14)>

<四文字(1)>
 <四文字(2)> <四文字(3)>
<四文字(4)>
 <四文字 (5)> <四文字 (6)>
<四文字(7)> <四文字(8)>  <四文字(9)>
<四文字(10)>  <四文字(11)> <四文字(12)>
<四文字(13)>  <四文字(14)>
 <四文字(15)>
<四文字(16)> <四文字(17)>

<三文字(1)>
 <三文字(2)> <三文字(3)>
<三文字(4)>
    <三文字(5)> <三文字(6)>
<三文字(7)> <三文字(8)> <三文字(9)>
<三文字(10)>

<二文字>
 <二文字(2)>

<一文字>

CONTENTS(目次)
  漢語・字句検索集

« 三文字 ( 1 ) | トップページ | 四文字(16) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/132709/47863768

この記事へのトラックバック一覧です: 四文字(17):

« 三文字 ( 1 ) | トップページ | 四文字(16) »